ぐ戒

元気で~す。ピース。
ここは九月五日の日記を書く場所なんだけど、なぜ日記の更新が遅れたかというと、自律神経っぽい症状? でメンタルがマックスに悪くなっていたからなんですね。最終的に今は平気になっているので暗い話ではないんだけど当時はすごい状態だった。九月の末あたりになって(ちょうど日記の更新が中断した頃)、十月の中頃ぐらいに良くなったのかな、良くなったというか、まあ気の持ちようでどうにかなったというか? いや、要するに、まず、足の裏がジンジンする謎の症状が出たってわけ。それでよせばいいのにインターネットで検索しまくって、余計に精神が悪くなった。体に何かが出たときにインターネットで調べるのは本当に悪い。それがメンタル由来だと悪化するだけだから。それでどうしようもなくなり、家族に泣きつくなどして、意を決して脳の医者がいるでっかい病院に行った。そこで出てきた看護師さんに症状を説明したところ、それはここで見る病気じゃなさそうだから、神経内科という医院に行った方がいいという。で帰宅後に検索して、予約を入れて、翌日、一番近い場所にある神経内科に行ったわけだな。そこで症状を説明すると、また薄い反応をされる。とにかく神経は大丈夫です、スニーカーとか履いた方がいいんじゃないか、気が紛れるだろうからビタミン剤を出しておきますと言われたわけ。でもまあこちとら不快な状態が続いているわけだし、このままじゃ落ち着かないと思って、その次の日に再び最初に行った病院に向かった。すると一昨日と同じ看護師さんが出てきて、神経内科に行かれたんですねと質問された。ハイと答えたところ、心療内科をご案内したのですがと言われてしまった。そこでガクッと力が抜けてしまった。あまりにもテンパっていたため、神経内科心療内科を聞き間違えてしまったらしい。おれは最初から心療内科を案内されており、最初からメンタルに問題があると思われていた。すごい話だ。おれはこの話を一生していこうとこころに決めた。おれは心療内科を案内されたのに神経内科に行ってしまった人間なんだとこれからネタにしていこうと思った。その時点でも足の裏がおかしい症状は続いていたのだが、脳にも神経にも問題はなく、問題があるのはメンタルなんだよという教えと、ネタが一個増えたということでだいぶ楽になったので、その後はなるべく脱力することに努めた。それでこの日記も更新しなかったし、音楽も作らず、なるべく手足を緊張させずにおいた。インターネットでメンタルに効果がありそうなメタ認知の本を読み、それを実践したり、過去にやってた瞑想系の動画を見たり、あとなんだ、なるべく面白いものを見た。お笑いの動画とかもたくさん見たな。ポジティブになると色々助かるらしいが、絵に書いたようなポジティブというのは肌に合わないので、なんだかダラダラして、いろんなことを深刻に受け止めない、適当に考えて適当に生きるように、まあつまり本来の性格をできるだけ変えずにポジティブになるということを実践したりした。そうやって色々やってみた結果、元気になったというわけです。
ただ問題がひとつあって、おれは日記に暗いことをあまり書きたくない。そういうのつまんないからね。まあ何があったかぐらいはパパッと説明するとして(これが今やってること)、その後をどうしたものかと。それを考えていたんだけど、まあ単純に、年末に猛ダッシュかけてるときみたいに、夢はしっかり書き残しておいて、その日の行動はササッと楽しいことだけ書く感じにすればいいのかなと思った。病院に行ったことはもう二度と書きたくないので、どうしようかな~。その日って多分それしかしてねーんだよな。でも案外、いつもみたいにニュースにケチつけてるかもしれない。そうじゃなかったらなんか適当にごまかしてると思う。とにかくおれは適当に生きてるつもりでつまらんことを深刻に脅迫行為的に考えてしまうのが良くない。そうそう、心療内科を案内されたということが家族にバレたので、今度ダメになったら気軽に心療内科に行って、強迫行為以下おれの破滅的な部分を言えばいいやと思ったので、その辺も肩の荷が下りた感じだったな。ともかく適当に生きてるつもりが全然適当じゃなかった。こないだも適当に生きてる芸人が、本当に適当に生きてて、どう見ても不運なことが起きまくっているのに、自らの人生を総括する段階でそれがすべて抜け落ちて「じぶんは運がいい方だと思う」と言っていたのが印象的だった。本当に適当な人間は不運なことを人生の勘定に入れてない。おれもこうするべきだなと思った。要するに、おれはもっと適当に生きるということです。まあ日記を書くのは楽しいのでグダグダやっては行きますが、さっき書いたようにしばらくは短めになるはず。タイミングが合わなかったら年末まで続いちゃうかもしれないけど、それは適当にやってるだけで、日記を書くことに飽きたというわけではないので。とりあえず翌日分にこの日の分の夢を書かなきゃいけないんだけど、それを覚えているかどうか分からんな。忘れてたらごめんね。

学校に来たらおれは新入生で担任は芸人という構図だったが自己紹介がなんか結構沈んだ雰囲気で薄着は恥ずかしいですみたいな生徒のボケにも芸人教師は丁寧にツッコんでいくのだがつまらないことを言っているわけでもないのにスベッてるみたいな雰囲気だしかわいそうだなと思っていたら教師の手元のティッシュの箱が空っぽになってることに気付いたので取ってやろうとしたらじぶんで取りに行ったしそのついでに今じぶんで笑いながら自己紹介している男の生徒のところに向かってエンジョイってでかい声で言い始めたしこれってラジオでやると宣言してたやつじゃんと思ったしまたもウケてないのだがおれは我慢できずにめちゃくちゃ笑ってしまうという夢を見た。起き抜けの夢だったけどそこそこ覚えてるな。エンジョイなんたらって叫ぶ芸人いたよね、多分検索すれば出てくるけどそういう気持ちはないです。あとは顔文字の夢とか、バスでよく分からない場所に連れて行かれる夢を見たが、よく覚えてない。バスに乗らなくなってから十年以上は経過してるはずなのに、未だにバスの夢を見るな。
今日も出かけない予定だったので、エアコンのフィルターを掃除した。これは昨日の業者のフィルター掃除に触発された行動だったけど、さすがに素手でキッチンハイター塗り込みみたいな豪快なマネはしなかった。ただジャバジャバと水洗いして、水気を落として、風通しのいいところに置いておいたという感じ。それでも掃除機で吸うより楽だったので良かった。ついでに本体にちょっとだけ掃除機もかけたし、さらにそのついでに部屋掃除もした。そのあとエアコンを内部クリーンしたし、なんと支払いまで完了した。今日は出かけてないだけで、やるべきことを全部やっているのですごかった。そして気温はと言うと真夏みたいな暑さ。そのおかげでフィルターがさっさと乾いたのでいいといえばいいのだが、生活的には良くない。今日は富山のニュースサイトを見たら、なんかどこかから逃げ出した豚が国道を走っていたけど力尽きて死んだという記事があった。その小見出しが、「元気なくブヒブヒ…死ぬ」だったので、ゲラゲラ笑ったけどなんつう小見出しつけとんねんとも思った。夜はパソコンを検索してたね~。今PC壊れたら前と同じ値段でミニタワーみたいなの買えないしミニPCというやつになるんだろうなと思って検索しまくっちゃったんだけど、技術がある程度進んだせいでミニPCでも今おれが使ってるPCよりパワーがある感じだったのでびっくりした。

動物園に行ったらある親がその子供に馬を見せていたんだけど鉄柱の後ろから見せていたので謎だったし動物園とかどうせ味気ないだろと言ってくる奴がいたのでそれはどうかなとさっきの家族が動物園を去るときの映像を見せたら家族が車に乗り込んだ時点でタヌキの子供が追いかけてきたという様子が映っていたんだけどそれを見た人間の子供がちぎれそうだと言って喜んでいたのでいい表現ではないなと思っているところに路傍の岩もドロンとなり複数のタヌキが出てくるという夢を見た。なんだ最後、かわいさしかないな。これは起き抜けの夢で、夢はこれだけだった。
じぶんの部屋に行ったら風が強かったので、風向きを考えて窓を開けたんだけど、急に風向きが逆になって全部無意味になった。自然はこのように裏切ってくるので今日も出かけない。なんかタイのニュース見てたら、兄の運転する車が川に落ちたので、その事故車のナンバーの数字で宝くじを買ったら当選という、昔話でもなさそうな美しい事故の記事があったのでびっくりしてしまった。そのエピソードいるか? いや、いるか。一方日本では、NHKが過労死ラインを超えた残業を課しており、その結果人間が死んでいた。。労働は邪悪だね、というか未だにそんなことしてんのかよ。遺族のコメントにもあるように、社会の倫理を守ったり高めたりしようとしているNHKが社内では倫理を逸脱した労働を職員に課して死に至らしめているというのは本当に悪い。芸能人はイメージが悪くなれば即刻社会から抹消されるのに、企業は社会から消されることがなくて良かったですね~。労働における企業と個人のパワーバランスが平等ではないというのはここにも見られるな。企業(この場合はNHK)が問題を起こしても「反省します これからの活動を見ていてください」で終わるのに、その企業が使っている著名人が問題を起こした場合は「抹消します」になるというのは、仕組みが分かっても納得できるものではないだろうなと思う。夕方、パンを食べながら検索してたら、おれが悪いことを考え続けてヘトヘトになってしまう図があったので、かなり喜んだ。これだ~と思いましたね。反芻という行為らしい。悪い出来事に直面したとき、考え続ければ答えが出ると信じて何度も反芻するんだけど、実際はネガティブなことを考えればネガティブなことしか思い浮かばず、答えもポジティブな側面も思いつかず、そのうちに脳が疲れてしまうというやつ、本当におれのことなんですけど。その図を印刷して貼っておこうかなとさえ思った。

巨大な柱を抱いて寝ていたら寝相が悪くて部屋の壁に穴を開けてしまったので申し訳ないなと思いつつ明日からはフワフワの抱き枕を使おうと思う夢を見た。抱き枕使ったことないんで、なんでこんな夢を見たか不明だな。起き抜けには、突如パソコンのモニターの前にモニターよりでかいセミがボトッと落ちてきてギャーとなる夢を見た。これは怖かったのではっきり覚えている。
まあ歯医者だったので、むしろよく夢を覚えてたなという感じだね。で外に出てみたら、唯一プラ鉢のまま置いてある植木が強風で倒れていたので、やっぱダイソーで素焼き鉢買ってくるかなと思った、歯医者が無事終わればな!! とにかく時間がないのですぐさま出かける準備をしたのだが、気付いたらせっかく避難させたプラ鉢がまた倒れていた、悲しい! というか避難させた場所に巧妙に風が入り込んで倒すとかどれだけ嫌いなんだよ、プラ鉢のこと。とりあえず歯医者に出かけて、そして完全終了しました! ついでに百均で素焼き鉢買ってきたけど、帰ってきたらまたプラ鉢が倒れていた。こんな短時間で三度も倒れるのか。とりあえず素焼き鉢に突っ込んだけど、この程度の風でバッタバッタ倒れるのはなあ、別の意味で困るぜ。植物といえばコルジリネは新しい葉っぱが出てきたのはいいんだけど、もとからあった葉っぱが全部枯れてきてしまった。どういう状況だろうか、こわいなあ。一方スギゴケはマジで枯れ込んできた、これについてはどうすることもできないが……。というか長さ的にかなり飽和しているので、多分細かく刻んで泥みたいにした土に放り込むのが一番いいんだけど、気力がないし、うかうかしてたらめちゃくちゃに枯れてしまった。そもそも日光を好むスギゴケなのか見分けがつかないのが厳しい。そしてアガベは、なんともう一枚葉っぱが出てきた、このタイミングで。棘もふにゃふにゃになってほぼ死にかけだったはずだがここに来て突然成長してる、買ってきて植え替えのときに適当に弱った根っこ引きちぎったけど結構なくなった根っこが再生したから成長したのかな。
帰ってきてからはエアコンの修理を見ていたが、どうも今日は直らないらしい。一週間ぐらい水漏れのままだな。おれの部屋のエアコンも相当な年数使ってるしトラブルに対応したいという思いから修理の様子を見守っていたんだけど、フィルター一切掃除されてなくて笑ったね、家族が掃除してるって言ってたのウソだったんだ。とにかく放っておくと家族はエアコンの掃除すらしないので、部屋の掃除もろくにしないものぐさのおれがチェックしなきゃという気持ちになるのだが、チェックして掃除しても使うのはおれじゃなくて家族なんだよな。あとエアコン修理のひとがキッチンハイターを素手でフィルターに塗り込んでいたのでビビってしまった、人生ってそんな雑に生きていいの。

映像がある芸人ラジオを見ていたら馬ごっこを始めたと思いきやツッコミの方がセグウェイに乗ったまま無表情で去っていきボケがキレながら追いかけるというものだったので爆笑しつつ見ていたのだが銀行を過ぎてついに国境まで来てしまったのでこのままだと危ないぞと思っていたところリスナーからメールが届きなんとかネタっぽく引き返してくれたので安心したという夢を見た。これはなんか銀行の前から国境の辺りの道をよく覚えているんだが、銀行は日本的だったのにその他の要素はほとんど日本的ではなかった。日本に地続きの国境がないからそうなったのかな。
起きてすぐに、エアコン修理は明日になるみたいな話をフムフムと聞いていたら夢を忘れたんだった。そしてそのままニュースを見たら、なんか大雨がどうたらとか言っている。耳栓して寝てたから気付かなかったけど、どうも午前中は相当な豪雨だったらしい。知らない川が氾濫していたのでびっくりしてしまった。急いで自室に向かってパソコンの電源を入れたけど、そのときにはもう完全に無害なレベルまで水位が下がっていた。急激に減ってるからなんかアクション起こしたのかな。つーか、大雨が降って当たり前の地域なので一応は雨に強いはずの金沢なんだが最近は川の氾濫情報が多い。今日は歯医者が明日ということで、出かけない。ひたすら耐える日々! そのまま地元ニュースを見ていたら、警察官がパワハラをしたというニュースを目にした。「殺していいけ」とか書いてあって完全に金沢弁やな。金沢弁で「~していいけ」は「~していいか」ぐらいの意味で ぴったり対応してるわけじゃないけど、方言をそのまま書く必要あるのか。しかし警察官が事件現場で部下に殴る蹴るの暴行を加えるというのがさっぱり意味分からんね、事件現場だからバレないとかかな、いやそこまで考えてなくて普通に暴行してるだけかな。そしてこの事件があった大聖寺署、何か聞き覚えがあると思ったら今年の春に着任したばっかりの警官が自殺したところだし、時系列から考えると相当悪評が高い警察署なのかもしれない。大聖寺みたいな田舎でしかも警察に暗い影があるとか嫌過ぎるな、聖の字が入っているのにね。
とりあえず夕方手前ぐらいになったので、エアコンから漏れてる水を受け止めてるボウルと、ボウルの中に水はね防止のために入れてあるタオル、その双方に溜まったその水を一回捨てて絞って、手を洗った。それから外の食虫植物に水をやっていたら、またヒメツルソバが広がっていたので抜いてたんだけど、そうしているうちに今度はおれの部屋のエアコン室外機はどうなってるんだ? と考えてしまった。そこで見てみたらドレンホースの出口が、室外機を乗せてあるコンクリブロックの穴に突っ込んであった。これは割と防御力は高そうだなと思ったんだけど、そのコンクリブロックの穴の中が泥と木の葉だらけだったのだ。だったのだ~。気持ち悪かったんだけど、さすがにその感情より、部屋に逆流したら大変だという感情の方が強くなった。で、やる気も出てきたので、細い棒のようなものをコンクリブロックに突っ込んでなるべく木の葉なんかを掻き出したんだけど、泥とか残ったゴミをどうしようと考えていたら噴霧器があることを思い出した。あれは水鉄砲より強い勢いで水を噴射できたはずだな~などと思いつつ水をためて、噴霧器の口を絞って最大出力でブシャーとやったら、感動するぐらい泥とゴミが抜けていった。やったね。それから自室に戻り、意味はないだろうけど一応エアコンの内部クリーンをした。ドレンホース周りを洗ったせいで水が漏れるということはありえないだろうけど、念のためということでね。もし、万が一、この時点で水漏れしても、明日業者が来るのでついでに頼めばいい。せっかくスッキリしたのに、部屋に戻ってニュースを読んでいたら、兵庫の洋菓子店が鬼のような時間外労働で精神疾患を引き起こさせ、残業代も未払いというネタを読んでしまい、一気にベトベトした感情でいっぱいになってしまった。またこの店かよ~。

台所で椅子をふたつ並べて寝ていたら冷房が消えてることに気付いたしタイマーの時間じゃないよなと確認してみたら家族が気持ちの良い日だとか言って勝手に冷房を切って窓やドアを開けまくっていたのが原因だったし今起きても中途半端な時間で寝苦しいからしょうがなく冷蔵庫を開けてみると店の仕切りの位置がせり上がっていておれの飲み物が広いスペースを取っていて家族の食べ物が潰されている気まずい状態だったのでなんとか気付かれないうちに戻したいが引いても抜けないという夢を見た。明らかに暑さで寝苦しくて見た夢だな。起き抜けには、このキャラは不謹慎で使えなくなるよと言いつつ赤と青のチャンネルに分離していたら横から来た女がじゃあわたしが使ってもいいですかとしゃしゃり出てくる夢を見た。これも記憶にない。
起きてパソコンを付けてみたら、結局AIに作風を学習させるサービスが一時停止した感じだった。なんかほかのひとも書いていたけど普通に外人が無視して類似サービス作って何もかも終わりだよね。まあそれはともかく今日は八月最後の日なので、また自殺が増えるから苦しかったら学校に行かなくていいんだよとかやってた。それはその通り。学校に行きたくなかったら行かなくていいんだよ 労働も行きたくなかったら行かなくていいんだよ 学校や労働に行かなかっただけで人生が破滅するようなことがあったらそれは社会の方が間違っているからね。実際問題、「学校に行きたいけど行けない」という子供を除いて、学校に本当に行きたくないだけの子供は、今助けても労働が差し迫った時点で破滅してしまうので、そういう子を本当に助けたければ労働しなくても生きられる社会(ベーシックインカム)を目指すべきでしょ。おそらくそう考えていないひとは、今学校に行かない子供に労働の楽しさみたいなものを教えて、大人になるまでにはそれが治ってるみたいなケースを想像しているんだろうけど、それだと漏れたやつが死んじゃうわけ。そうじゃなくて、ベーシックインカムで受け皿を作っておいて、それで何スか? 仕事のやりがい? を教えればいいと思うんだよね。そうすれば学校に行きたくなかったのと同じように労働に行きたくない子供を救うことができるから。このようなことを考えていたら気温が全国一位になっていた。三十六度???? その数値を見てからやる気が一気になくなってしまった。今日はそもそもいつ雨が降るか分からないから出かけないんだけど、これじゃ出かけても熱中症リスクが高そうだよね。
今日はずっと家にいて、時間が経過して、夜。ご飯を食べてゆったりしていたら、リビングのエアコンの下に水たまりがあったのでめちゃくちゃビックリしてしまった。最初、誰かが水をこぼしたんだと思っていたけど、一生懸命拭いていたら脳天に水がビチョーンと落ちてきて、エアコンから漏れているんだと気付いた。厳密に言えばおれはそこのエアコンを使っておらず、この日も使っていなかったので、家族が使っていたときに漏れていたんだとは思う。ただ、家族は鈍感なので気付いておらず、おれが来たときには既に大変なことになっていたということ。それで家族に報告して、とりあえずその下にゴミのタオルと使っていないボウルを置くことにした。それから、おれの部屋のエアコンがそうなったら怖いな~という不安で頭がいっぱいになってしまったね。俺の部屋のエアコンの真下にはコンセントのプラグやルーターがあるんだぞ。というか、じぶんの部屋のものではないエアコンが水漏れしてるってだけでかなり不安になるのはおかしいので、なんとか是正していきたいところだね。せいぜい定期的に水を捨てるぐらいしかやることがなくて、家族が絶対に業者を呼ぶから(ほとんど家族しか使わないエアコンだから)おれの負担もゼロなのに、どうしてこんなに不安になるんだろうなあ。まあ書いてれば多少収まるものもあるが。ひとつずつ文章に起こして不安を減らすという方法があって、今まさにそれを実践してるんだけど、こんなつまらんことで不安になること自体が嫌だな。とりあえず、寝る前にエアコンの水を受け止めているタオルの水を絞って捨てたら、手が一瞬でエアコン臭くなった。

幼稚園か学校にいた夢を見たけど忘れちゃった。起きた直後に見たテレビのニュースで、能登町の巨大イカの公式名称がイカキングだと報じられており、そのことを初めて知って衝撃を受けたので。能登町イカキング、使い道が違うのが本筋だからいくら経済効果があっても云々という話もあるけど、実際騒げば騒ぐほど自治体が潤うという昔話みたいな状態で、経緯が経緯だけにバカにしても許される謎の存在となっているので、まあ自治体が満足してるならイ~カみたいな、すいません話をブチ壊してしまいました。
今日も出かける予定がなかったので、トラックボールのゴミを取ったりしていた。それから東南アジアのニュースを読んでいたんだけど、ヘビのシーズンなのか、消防局にヘビが出たから何とかしてという電話が殺到しているらしい。なんか東南アジアの人間は虫とかに慣れてそうなイメージあるけど、ヘビはダメなんだな。ああ、いや、何メートルとかいうサイズのヘビが出るんだったな。そりゃ無理か。そして次のニュースでは、バンコクの警察署が大破していた。警察署が大破することあるんだ。こういう場合は大破って単語をあんまり使わないっての、日本語のニュアンスの問題だから難しいだろうな。あとは近所をストリートビューで徘徊したりしたよね。十年以上川になる様子がない河川予定地、せっかくだから見に行きたいけど、草が刈られている場合と草ボーボーの場合があり、後者だとつまんない気がするなあ。なんか町っていう感じしないじゃん、ただの荒れ地というか。ゴシップとしては声優が裏アカでヤバい悪口を言いまくっていたみたいなので、めちゃくちゃ読みまくってしまった。なんか声優のケンカを見たいだけなのに時々黒人の画像が出てくるのが謎でしたね。しかしまあアレですね、誰にも見られてはいけない悪口は裏アカじゃなくて鍵付きの日記帳に書いとくといいですよ。