ぐ戒

起きてすぐ、心療内科に電話確認した。飛び込みでOKらしいので朝ラーメン食べて、早速向かった。道のりは高校のときの通学路だったので変な気持ちになったが、そもそも学生時代の記憶でいいことなんてひとつもないので半分ぐらいは道順を忘れていた。あと当然ながら街の様子も変わっていたので記憶と完全に噛み合うわけでもなかった。心療内科はめちゃくちゃ昭和でビビったけど面談内容は良かったので、良かった。ボロ泣きでありのままを伝えたのが良かったのかもしれない。大地震からメンタルに来ることばっかりだったしもともとメンタルが弱かったし、あと日記を読んでるひとは知っているかもしれないが二年前の秋にも足がビリビリするっつって大病院に駆け込んだら心療内科に行った方がいいと言われ、聞き間違えて神経内科に行ってビタミン剤をもらって帰り、意味不明だったので大病院に戻って聞き間違いが発覚、看護婦、何だっけ今は看護師か、女の看護師に神経内科心療内科は兄弟みたいなものだからと謎の慰め方をされていたこともあって、その頃もメンタルがバーストしていたのだし、今回それらのこともすべて伝えられて良かったよ。それで、弱くてもいいので副作用がない薬にしてくれと頼んだのでその通りの薬が処方されたんだけど、バカなので「アルコールは飲んでもいいんですか?」と質問してしまった(ちょっとならいいよと言われた)。まあアルコールはいつも週末にちょっとしか飲まないのでいいんだけど。薬の効果が出たら無理ない感じで不安をなじませていきたいねえ。飛び込みだったので時間がかかることを覚悟してたけど、予想より一時間早く終わったので、遠回りして古書店に行って、三河物語(現代語訳)を購入した。そういや昔見た外人の動画で「ゼナックスいる?」とか言ってて観客が爆笑してるの意味分かんなかったけど、外国のZenaxが抗不安薬だったとこの日に知った、日本だとデパスとかで笑いを取るようなもんかな。日本語で「ゼナックス」って書いても変換もできないし結果も芳しくないので分からなかった。夕飯時、今地方ニュース見てたら穴水の居酒屋の自己紹介に「店は全壊しましたがぼくは全開で頑張ります!!」みたいなことが書いてあって強いメンタルだなと思った。ここらへんまでがツラい日常のピークだったな。このあとにももう一発ツラさのピークがあるんだけど、それは抗鬱剤の初期副作用がヤバいだけなので思い出してツラくなる話ではないわけだし。

まあ眼科ですね。昨日とこの日の日記は本当に書きたくないので怖いことをできるだけ書かずにやっていってる。でも頓服は飲んでいる。日記書いてる今の話ね。なぜならおれは怖いことを書かないようにするためにログを全部チェックするから。
で眼科のために早起きして、怖くて震えていた。意外と眼科にWi-Fiがあったのが助かった、ツイッターにつなげて優しいフォロワーの皆さんに慰めを頂いたりしていた。なんかWi-Fiの設定なのかツイッター以外何も閲覧できなかったけど、まあよかったぜ。で眼科でどういう答えがあったかは書かない、心配していたことは解消されたけど今後が怖いぜみたいな話をされて、うーんうーんと唸るように帰ってきた。天気も良くなくてツラかった。で、ここへ来て、ついに心療内科に行くことを決めた。あんまり心配をかける発言をしてツイッターやこの日記を汚すのは本望ではないのでちゃんと心療内科だか精神科に行くことにしたんだよね。人生は楽しくあってほしいし。しかし田舎なので心療内科が近所にない、街まで出るのはキツい。一番近いところはやってるはずなのに電話に出なくて、自治体に確認して「ここ潰れてないですよね?」と聞いたりしていた。夜、とりあえずカレーは食えた。マジで食欲はある、食うのが遅いけど。心療内科とりあえずいくつかチェックして、明日飛び込みで行けるか電話で確認しようと思ってるんだけど、待ち時間長かったら近所の公園とか行こうかなとか思いグーグルマップで確認したりしていた。その結果、おっ緑の敷地あるじゃん公園か!? となったんだけど、実際ストリートビューで見てみたら墓地だった。なんだかんだでオンラインのまんがも読んだりしていたな。ただそれは心療内科に希望を預けた上での行動だった気もする。

なんか玄関の前に小学生の女のガキがふたり自転車にまたがった状態でたむろしていて入れなかったので何か用ですかと質問したら無言で家の裏を指差したし見に行くと実習生たちが畑を作っていたので確かにそんな話があったかもなと思いつつ出来を見たら随分とペラペラな畑だったしここにこれ以上いることはできないと思ったので物置部屋に行ったんだけどここで寝る気はしないなと感じたたため昔のマックを起動したところ昔の方がデスクトップがスッキリしていたという夢を見た。
なんか今日の天気予報がスッと曇りだらけに変更されていた。まあ気温は高いからいいんだけど、そろそろ太陽を拝みたいところだよ。気温は三月並みに温かいということなんだけど、家が冷たいままなので床とかがむっちゃ氷で大変に困った。とりあえず出かけて、ブックオフで英語の本を購入、百均で造花(草系)を購入した。造花はアマゾンの割といいとされている奴でもでかい葉っぱの表現力は弱いけど、小さい葉っぱだと割とごまかしがきくので百均のオレガノの造花(草だが)はいい選択だった。で、夜ですね。ここがメンタル崩壊の最上級な感じだった。まあ詳しくは書かないんだけど眼科系の怖い話を見てしまって、本当にもう制御が効かない状態で、深夜なのに家族を叩き起こしてこわいこわいと言っていた。翌日は眼科に行くことにしてその日は寝た。眠れはしたね。

この日も寝起きのメンタルが最悪で、夢も忘れちゃったので、こころのダイヤル(フリーダイヤル)に二十分電話して、落ち着きを取り戻したりしていた。そういや下線いっぱいだったマケプレの本、この程度だとコンディション的にいいんですかと質問したら、金の話してないのに返金になった。でも消す気になれないし、読む気にも慣れないんだよな。今日は充電してないのでGPSが使えない&なんか晴れ予報だったのに小雨が降っている、という状況下で走りに行くべきかどうか悩んでいたけど、結局走って、カレーも食って、いい日だった。そのままいい日にしようと思ってポジティブ関連の情報見てたら、恋しよみたいな文面が出てきて滅びろと思った。

一切の装置がなくただイギリスの塔と塔の間にゴム紐二本がかけられていてそれを脇の下に一本ずつ挟んで空中を滑っていくという移動手段に尻込みしていたら家族がさっさと行ってしまったのでおれも勇気を出して踏み出してみたら早速一本しか挟めずブラブラしつつもなんとか体勢を戻して向こうの塔に滑り込めたという夢を見た。これ怖かったので覚えてるな。
今日は届いてた本を見たり、外の多肉の水やりしてから、出かけた。久しぶりに出かけられる路面状態になった。でブックオフスペイン語の本、これはブックオフ全体の値上げで二百円(税抜き)だったけど購入、ホームセンターにまだビーカー入りの植物大安売りが残っていたけどこれは買わず、お花屋さんでアオプミラを買った。お花屋さんの鉢、なんか売り上げを寄付に回すと言うので、というかそう言っているのをホムペで見たので、買っちゃつつもりで見に行ったんだけど、想像の二倍ぐらいのでかさでしかもセメント鉢だったので買えなかった。持って帰れないんだよ、チャリだと。帰宅後はアマゾンとかに売ってる高い造花を検索して見ていた。やっぱり葉っぱの表現がチープだな、そうならざるを得ないんだな、どれだけ技巧を凝らしても。ホームセンターで見るのもあんな感じだし、あれだとダイソーの造花でも満足度が変わらないな。高い造花は葉っぱの表現が本物そっくりであってほしいよ。しかしマジでもうちょっと造花を買うかもしれないがどこに置けばいいのか分からないね。

夢は覚えておらず。この辺りからさらにメンタルがヤバくなっていってたはずだな。あんまり深いことは書かないけどまあ何も書くことがなくなるのでサラッとだけ。
とにかくツラい気持ちになって午前十時に起きてこころのダイヤルにもう一回電話するなどしており、かなり良くなかったが、家族にも励まされたのでなんとかなった。家族に相談するとみんな考え過ぎだよと笑ってくれるのが良かった、おれは本当に考え過ぎ。それは適切な治療を受けている日記を書いている現在もそうだけど。底抜けに明るくなりたいねえ、底抜けに明るくなる素質はあると思うんだが。家族がそうだし。今日は百均まで散歩して、明るい気持ちになるべく造花を買うことにした。ガーベラとミックスフラワーの造花、二百円分。百均には本当は石鹸を買いに行ったんだけど、もう安い石鹸がどこにもないな、一個百円とかだとホームセンターで買った方がマシになる。そもそもスギゴケをフラワーベースにいれて育ててたので、ダメになったスギゴケを捨ててフラワーベースをよく洗い、よく拭いて造花を入れて部屋に飾った。

じぶんの持ってる虫糞茶の原材料のところにウラン600って書いてあったからこれ持ってたらヤバいやつなんじゃないのと慌てる夢を見た。それでヤバい! っつって飛び起きたけど、虫糞茶はそもそも持っていなかったんだった。パニクったので夢はこれだけだったな。
きょうは古本LOGOSのブログを見て、無事ではあったかと思ったりした。無事で良かったですね。まあ色々大変なこともあるんだろうけど。被災地情報といえばみかん泥棒は罪が追加されて再逮捕されていた。悪い奴は悪いことをいっぱいやってる。で外の植物水やりアラートが出てきたので、外の水やりをした。この時期の水やりには緊張感がある、凍ったら枯死するとか言われてるので。この日は土曜日だから運動しなかったけど、仮にするとしても酩酊状態でダンベルなんぞ持てないから自重だけにしとこうかなとか考えていた。しかし実際にやったのは本棚の並び替えだった。本棚をきれいにするのは多分完璧主義の片鱗ではあるけど、これは完全に楽しくて害がなくてしかもいつでもやめられるので別にいい。専門家の意見は多分違うんだろうな。きれいというかきれいに積み込んでいるという感じなので本棚がきれいかと言われるとそうでもない。ただ、奥に引っ込んでいた漢詩が出てきたので色々つまみ食いしていた。千字文とかも解説付きが面白かったから買ったはずなのに漢詩文グループとしてひとまとめに奥にやられていた。それからドカンとネガティブな感情が来たので数分こころのダイヤルに電話して、それから深呼吸してた。酒を飲んだせいかもしれない。