ぐ戒

鍵を見つけて再び紐で結んでやったけどあの結び方だとほどけてしまうなと心配になる夢を見た。詳しいことはあまり覚えてないな。おれは鍵を紐で縛って意地でもなくさないようにしているほど忘れ物が激しい人間なのでひとにそれをやるというのは理解できるんだが。あと、自転車で中学生共と競争状態になったけど一人は中学生のくせに高性能の高価な自転車に乗っているためまったく追いつけずおれもそれを言い訳にしているフシがあるという夢を見た。ダサいやつだ。あの葡萄は酸っぱいみたいな。ちょっと違うか。起き抜けには、ペラペラの薄い二列の名札が剥がれてきてて危ないと思う夢を見た。これは完全に覚えてないな。
グーグル日本語入力がアホなので誤変換を繰り返しタイピング速度が遅れたので朝から最悪な気分になった。グーグル日本語入力の一番クソなところ、漢数字変換がまったく無視されているところで、拾壱とか銃菜々とか最悪だし、前の単語にくっついて中三分とかになることもある。どうしてこんなに数字の入力が下手くそなんだろう。そうする意味あるのか? グーグルは殿様商売だから日本のインプットメソッドにはそれほど興味がないんだとイヤミなことを言うこともできるが、それに近い雰囲気はあるんじゃないか。今日はそういう予定があったので、まずまんが雑誌を予約したんだけど、ガンガンジョーカーがまた値上げしているので嫌な気持ちになった、しかも二か月連続で上がってるぞ。付録か? 十中八九付録ではあるんだろうが、そもそも変な値上げを見て、付録か?という疑問が出てくるほど「付録ありの雑誌が値上げをすること」が当たり前になってきてるのがよくない。そういうのは付録じゃないからやめろ、八百屋で「奥さんこれオマケしとくよ!」って商品入れてくれたのにそのオマケの商品の値段も取ってるみたいなもんだぞ。
タイでマレーシアの人間が密造の廉で逮捕されたんだけど、業界では偽造種のデビットとして知られ、などと書かれていたので笑ってしまった、そんな犯罪者丸出しの通称つけるか普通、通称だからもうちょっと遠回しの名前使うだろう、偽造種のデビットいるか? と言って出てきたら相当アホじゃん。あとはなんか、ゆるキャン実写化、という話題が飛び込んできた。声優さんや実写俳優さんやそのファンに最大限配慮すると、すごいなとという感想になるんだけど、実写にしてほしいまんがやアニメの作品など基本的にないので遠くの火事を見るような気持ちになっているというのもまた事実なんだよな。実際のところはフォワード完全に読んでないから分からないけど、なんとなくウィキペディアを確認してみたら、ゆるキャンフォワードから芳文社の有料サイト COMIC FUZ に移籍と書いてある。本当に完全移籍したのか? おれがフォワード読者だったら怒り狂ってると思うが……。稼ぎ頭だから有料サイトに持っていきますよ見たいなのはさ。鬼過ぎるでしょ。ミラクをその誕生から死まで見ていたのでゆるキャンの作者が幸せになって良かったという思いがありシュールな作風から出発してもドラマ化まで成功することができるんだということに希望もある、掲載誌変更は作者のせいじゃないし怒りの対象ではない、芳文社がめちゃくちゃ悪い。こういう古参アピールもしっかり行っていきたいところだが、おれはすべての萌え四コマ作家に幸せになってもらいたいと常々言っているし、しかも芳文社は作品の切り捨て方が異様なので特にそう考えているんだよね、よく休む作家の穴埋めするひととかさあ。今日は出かける前に荷物が来て、何だろうと思っていたらかわいいアクリルキーホルダーが入っていた。大切なフォロワーさんからのお荷物ですね、ありがとう…… 。早速部屋に飾った。
今日は書店に行き、まんが雑誌を受け取って予約もした。予約票にまんがタイムと書こうとして「タン」と書きそれに打ち消し線を引くという動作、そして予約票という実物を見てしまい、書店というまじめな空間で笑いをこらえるのがかなり大変だった。それから近所のブックオフやリサイクルショップに行ったんだけど特に欲しいものはなかった。酒屋でアルフォートと、多分姉が欲しがるビールが安値で売られていたのでおつかいとして購入した。今度はちゃんと買ってきてくれと言われていたので買ってきたものだし、これでやっぱいらんわとか言われたら暴れ散らしてしまいそうだ。帰宅してからは色々あってキムチを食う。家族に好き嫌いの激しい人間がいるのでその目の粗いザルからこぼれた食品がおれのところに来るってわけだな、辛い物ぐらい食えやアホか。それを食べながら夜の地元ニュースを見ていたけど、老人ホームの老人と小学生が記憶力ゲームでバトルとか言ってて、知力による袋叩きじゃんと思えたのでゲラゲラ笑った。あと鉄筋が落ちてくるVRでも笑っちゃったな。落ちてから「危ない逃げろーっ」って言われても絶対無理だろと思ったので。
まんがタイムきららMAXを読むきんいろモザイクを『旅する海とアトリエ』キレ気味のキャラが取り繕うのもいいが、説教受けてるときにもりもり食う主人公のハートが強すぎて笑った。相棒役もデコとか言われてて容赦がない。絵に興奮しすぎてブレてるのも表現として良い。あっ、いつも日本語表記が安定しないドブロブニクだ! 『きんいろモザイク』外国の自販機確かに円じゃないしビビるかも。イギリスに到着したのだが主人公が英語喋れててすごい、その凄さをドラゴンボールの歌みたいに頭空っぽと褒めているのでヤバくて笑った。ドールハウス居住目線もいい。つうかさあ、楽しく読んでいたら最終回まで残り四回という聞きたくもない情報を知らされてしまったのでショックなんだけど。人気作でときどき最終回までの回数を告知するスタイルあるけどあれ何なんだろう、ショックを和らげようとしてるのかな、おれ的には完全にマイナス情報なんだが。『こみっくがーるず』ホラー先輩が卒業だが舞台が寮だし学校でも存在感がなかったのであまり悲しくない。それどころかいちゃいちゃしまくりでみんなに迷惑かけてて笑った。まごうことなき無職とか刺さるセリフだが、最終的に寮母の見習いに落ち着いて寮をホラーにしてた。『みわくの魔かぞく』ハロウィン、文化祭、ヒロイン役の誕生日が同じ日。なので学校で誕生日を祝う運びだが、主人公がセレクトしたのが観光土産なので笑った、今さらようこそもないだろ。仮装に「本物」が混ざってるのはご愛嬌だが、歯が疼くのはちょっと怖いな。名前で呼び合うの、いいと思ったのに続けないんだ。『初恋*れ~るとりっぷ』満員電車に揺られていたら仲間とはぐれた。せっかくなので乗り継ぎで電車を楽しもうという魂胆、壁ドン体制が甘い雰囲気を出していた。大食い担当がラインでも張り切っててめちゃくちゃ面白い。観覧車での告白、友情感高くていいですね。『社畜さんと家出少女』表と裏が違う女、弾けんばかりに嫉妬に狂っていて良い。常に内面を出しておけばオチるので四コマで存在感出せてるな。夫婦のような阿吽の呼吸はマジなので観察力も高いし。よくその精神状態でおいしいプリン作れたな、すごい。『いのち短し善せよ乙女』主人公は命がかかっているのに賭け事をする神様と天使。その結果焦った天使が笑顔でチッと言ったり謎ですよね~と変な顔で言ったりするのがめちゃくちゃ面白かった。露出狂もネットに晒されることが本望と言っていて実に理性的だ。ご褒美がドーナツだというのもさらに良い。『ななどなどなど』友情のレベルの話。秘密って言われてたのに好きなのはいいことだから言うっての、爆弾娘っぽくて怖いな。新参なのにレベルカンストでみんなが恐れるの現代っぽくて良い。なによりマルチーズをやる、の語感の強さが良過ぎてゲラゲラ笑った。女子校に来たけど色恋沙汰の観察を諦めないサブキャラもいい味出してる。『ご注文はうさぎですか?』お金持ち姉妹? が主人公側のホテルに泊まりにきた。これが前回のホテル再生の流れも引き継いでいるところに展開の冴えがある。部屋取られた年下組といい感じになったり、コーヒーを作ったりと温かい展開だが、最後のネタばらしは予想外だった。『エンとゆかり』魔法が使えるようになって旅立ちの準備。大きな鎧でふざけてる主人公、今のところ無能力なのかな。高い金で掴まされたっぽい道具がしっかり動いている描写がめちゃ良かった。それにしても立体映像みたいなデバイスまであるのか、ファンタジー。『ステラのまほう』プレッシャーが出てきたので大人と会って打開策を、と思ったら大人がヤバくて制服姿の主人公たちを連写する。誰のための作曲か、というかっこいい話もありつつ、最後のエゴサバレで大慌てになるところで爆笑した、焦りすぎでしょ。『私を球場に連れてって!』先生が千葉のファンだが冷めまくっててウケる。むしろ打たないときに得意げになるんだが、普段着の下にユニフォームを着ているので愛はある、あるのに死んだ目でビールを飲んでいる……。野球ファンの悪い部分を煮詰めた存在って表現でゲラゲラ笑った。『ホレンテ島の魔法使い』二話同時掲載のゲスト。主人公が題名にある島に観光に来たが目的は本物の魔法使いを探すため、だったが容赦なく観光してしまう。コラボカフェかっていうツッコミは目新しくて良い。気ぐるみ買ってすぐ着て帰るのいい客だな。必ず戻ってくると島を離れるところで一話目終わり。『しょうこセンセイ!』秋祭りに教師陣が出店する。りんご飴そんなに好きなのか、ガキの身体にはでかいと思うが……。招き猫のロボ、効果がヤバ過ぎて面白い。それが没収されたので招き猫のマネを主人公がするってのもかわいいし、ビールの匂いで酔って騒ぐのも良かった。『ハルメタルドールズ!』メタルとやらでやってみてよという軽音部の挑発に乗って主人公が観客を煽る展開なので若干熱血展開。ストレス爆発のタイミング見透かされててかわいそうだな。警察に注意されて終了もかわいそう。部長は主人公の魅力にオチた。『タベモノガタリ』きらら系列で屁が出るのあまり見ないな、今回はギョーザなのでくさいものの話にもなる。比率を言わせといて髪の毛の分け目に言及するのズルいな。酢醤油の直飲みってツッコミで笑った。まあご飯が汚くなるの許せないひといるよね。『ぼっち・ざ・ろっく!』いよいよ出場というところだがベースが乗り気じゃない感じ? 大人が相変わらず金で態度を変えてて面白い。その大人が主人公ばっかり撮影してるのは何なんだろう。冒頭に紹介したライバルバンドが最後に出てくるんだけど、侮ってる再生回数すら主人公たちが自作自演してて笑った。『委員長のノゾミ』委員長対決、弱みを握るには自宅に入るとのことで傘忘れたフリするサブキャラの方の委員長。何もなかったがワイシャツを見て男の影を嗅ぎ取るが、そこから首輪付ける妄想までの飛躍が激しくて爆笑した。しかも帰るまで続いてるし。メイドはその怖がった表情だけで満足していた。『魔王城ツアーへようこそ!』最終回。忘れたスマホが使われるかなと思ったけど違った。再度呼び戻してもらったが浦島太郎的に十年後の世界に戻ってしかも半日しかいられない、そして最後に題名回収というやつなのでかなりツラい最終回だ。ゲームの天地創造のエンディングみたいなんだよな、戻れないけど一日だけ甘い夢を見せるみたいな展開は。『月が綺麗だから盗んで』美術科の作者の新作ゲスト作品。平たく言えば怪盗とお嬢様という組み合わせだが、盗みに入った怪盗よりパルクール習ってるお嬢様の方が体力ある、何習ってるんだよウケる。現金に迷いなく飛びかかる怪盗の姿が良かった。一話目で題名回収するパターン。『ももいろジャンキー』最終回。誕生日のお祝いで終わりという珍しい締め方。なので悲しい感じはまったくない。むしろ徹頭徹尾主人公がブタ扱いされてて、最後は丸焼きまで覚悟されてるのが笑った。園児の濃い関係性もすごい。最後も平和な終わり方だった。『ホレンテ島の魔法使い』ゲストで二話目。転入試験楽だったけど金がないから働かせてくれという無計画ぶり。しゃべる人型猫の違和感にようやく気付いたが、ネコのヘルメットは実用性があったので面白かった。あと下宿で魔法使い? と一緒になるけど、割と熱い歌をうたっているのも良かった。以上です。以上なんだが、最後の作品読み終えたら急に白地に文字だけのページが出てきたから、連載中断とか、死か!? とびっくりしてしまったけど、コミックスで印刷間違いがあったらしく、その訂正アドレスを載せておきますという話だった。雑誌を買っているので権利があるし、せっかくなので修正PDFはダウンロードしておいた。しかし著者コメントが抜けるってかなり杜撰だな、手書きコメントと写植コメントがあったから片方抜けたって感じなんだろうか? いずれにせよ次の版で直しますとは言わず訂正PDFをばらまくあたり芳文社は冷たい、じぶんの間違いなのに重版しないって意味なので。

どこだかわからない場所で目が覚めたのでとりあえず降りてみたら四階が病床だらけだったし感染かと思って質問したら看護婦が心臓発作を起こした人間を隔離していると言ってきておれも上から降りてきたってことはそうですねなどと不吉なことを言い始めたし無言で向こうの部屋へ誘導され貴重品をこれに入れてくださいと小さなボウルを渡され体をドラム式洗濯機みたいな機械で洗うとも言われ怖がっていると全裸のババアが来てわたしはボウルに全部入れたけどこれで助けてくれるのって質問してたんだけど医者も看護婦も曖昧な笑みを浮かべてたしいや助からない可能性もあるなら意味ないじゃんとツッコミをいれて天皇だったとしてもこんなことするのかと言ってやったらしませんねとシレッと言われる夢を見た。この夢怖くて目が覚めてしまった。全裸のババアと一緒に洗濯されるとか悪夢以外の何物でもないでしょ。あと、この街では力士が太鼓を叩くイベントがあったんだけど今日は移動があるため午後三時で終わりですとアナウンスがあり太鼓も片付けられてしまったため力士がじぶんの腹を叩いているような状況でまた向こうのブックオフでは剣道の演武が行われていたけどそこに身長が四メートルはあろうかという剣道親父が突っ込んできて手当たり次第にほかの剣道家を叩き散らしていたし貴様らそれでも剣道家かと怒鳴りまくってもいたけどそのうち剣道親父以外誰もいなくなってしまったしその親父が剣道着を脱ぐと中から肩車などで人体を構成していた四人が出てきて肩車のままハッピーニューイヤーという旗を広げ始めたんだけど見事にシーンとしてしまい全員撤収してしまったし後でそのスベり方を思い出してゲラゲラ笑う夢を見た。これは面白かったのでよく覚えているな。ブックオフというのは完全に近所の方のブックオフであった。午前六時半の起き抜けには、シンナーを吸っていたことが教師とか医者経由で家族に知られてしまうのが怖くてうまく眠れないという夢を見た。これも怖くて目が覚めたんだけど実際問題よく寝ていたしその後もすぐ寝た。うまく眠れないという夢だったから目が覚めたのか、それすらもよく分からない。
昨日は有名女優がMDMAで逮捕されて芸能活動を休止してたんだけど、今日は別の女のひとがタピオカで芸能活動を休止していた。めっちゃツラそうなのでゲラゲラ笑ってしまった。かねてから問題になっていたとはいえ、MDMAのひととほとんど横並び状態で、しかもタピオカなんかで芸能活動休止するの虚し過ぎてかわいそうで面白いな。戻ってくる頃にはタピオカブームが終わってるとかだとなお良い。今日はインターネットニュースを見ていたら、キリスト看板を貼る作業に同行したという面白い記事があったのでしっかりと読んでいた。飯をジップロックで食っている様子を見て、神様はジップロック知ってるのかよと思ったものだが、それはともかく彼らのターゲットにマルフクの看板が入っていると知って、ちょっとはびっくりしたけど非常に納得もした。廃業後も剥がされずに残っており、宣伝効果の高い場所に張ってあることから、キリスト看板に入れ替えても高い視線誘導効果があるらしい。みんないろんな観点からマルフクの看板を見ているのだなと思うと嬉しくなったが、おれはその佇まいというより、日焼けの程度により真っ白で意味を完全に失った板になることがままある、というところに愛着を持っている。真っ白な看板がトタンに打ち付けてあるの、すごくいいですからね。
今日は出がけにセキレイを二羽も見てすごくいい日だなと感じたんだけど、その勢いで突撃したガレージでは特に何も買わなかった。いや、ドイツ関係のいいものがあったんだけど、ドイツの奇人とか知らなくてドイツに興味があんまりないので買わなかったという感じ。内容は社会保障とかだったかな。社会保障そのものにはベーシックインカム絡みで興味があるものの、まったく事情を知らないドイツでジェンダー寄りのものをいきなり買っても知識が偏るだろうから入手もはばかられるよね、そう言い切れるほどおれの知識が整っているかというとそうでもないのだが。あとアラブのシオニズムうんたらというのもきれいででかくて新しい本だったが事情を全然知らないので買わなかった。帰ってからすぐノイズを作っていたけど、突然ノイズ作成ソフトが落ちたので黙祷してしまった。なんで落ちたのかよく分からんので対処のしようもない。あと部屋でくつろいでたら家族が入ってきた。どうもおれがリサイクルショップで買ってきた百円のお盆、その家族が行ってる店で二千円で売られていたという理由で急に欲しくなったらしく、「あのときなんでじぶんの分も買ってきてくれなかったの?」と責められてしまった。知るかよ。こちとら元値で選んでねえんだよ。その商品がおれの生活を面白くするかどうかで選んでるんだ。
今日のセフレは再放送だったので特に集中して見ることもなかった。あー車に娘の名前つけてるやつか~などと考えていた。その後ニュースを色々見て、すごい昔、安いチョーカーを巻いて吐きそうになって慣れたこと思い出したんだが、何を見たんだかよく覚えてない。チョーカーは首からズレないペンダントだぐらいの考えしかなかった当時はそうしていたんだけど、その頃の行動が首への執着を強める原因になったのかもしれない。いや首吊りとかいう怖い話じゃなくて、作品に首というものを出すことが多いというワケでね。あと、地元のニュースで、結婚式場で子供食堂をやっています、という情報が流されていた。魂胆が丸見えなのはいいんだが、結婚式場の職員がボランティアで行っています、と言っていてビビった。職場でやることがボランティアになるわけないだろ、完全なる労働力の搾取じゃん。おいガキ共、搾取された労働力で作られた子供食堂で食う飯はうまいか? 労働者に正当な金を払え。実際子供にそんな形でメシを食わせるよりは、そういう奴隷労働的な労働力で偽善を行う悪魔がこの世にはびこっていることを教えた方がいいと思うんだよね。労働って邪悪だから。

外国の映像を見ていたらバスから降りてきた着ぐるみ集団が雄叫びを上げたかと思ったらツエーゲン金沢のマスコットキャラクターを見張りに立てて全員で長屋風の建物のドアを破壊して突入していてつながった隣の区画のドアもまるで紙切れみたいにぶち破っており建物内の木造の最上階のステンドグラスの前で明日結婚しますと着ぐるみを脱いだカップルがいちゃついていたのでこれはこの国の風習なのかと思う夢を見た。これ間一髪みたいな空気があったのでめちゃくちゃよく覚えている。天気も雨ではないが悪かったはず。あと公平に携帯独占契約を国と締結するという仕組みでみんなが一斉に電話をかけたのに楽天ソフトバンクに敗北し楽天の代表が料亭でもんどりうっていたんだけどそれにはカラクリがあって先にソフトバンクが自社の支配する回線の優先順位を変更していたという事実が判明するや否やその行為についてアンケートが行われたが回答率がやけに悪いなと思ったらプレゼントの箱を手にした女限定で行われておりむしろ誰も答えないのではと思っていたら昼は五十人ほど答えたらしいが夜はひとりしか答えておらずそのひとりの映像が残っていたのだが若いカップルのうち女がプレゼントを持っておりふたりとも暗い表情でそこへ青い顔のイケメンがやってきて女を抱き締めて慰め始めたんだけど突如濃厚なキスを浴びせ始め女の口の周りに青い塗料がベットリ付着したんだけどそのあとカップルの男の方も抱き締めてお前仕事はどうしたんだ辞めたのかと声をかけながらやはり濃厚なキスをし始めたので何を見せられているのか分からない気持ちになる夢を見た。つまり青い顔っていうのは塗られていたんだよな。それも全然意味が分からん。起き抜けには、内灘ブックオフに足を踏み入れたらガラス戸の奥に文庫本の落書き全集があったので欲しかったが五百円はちょっと高いので戻してその後店の奥に進んだらカラフルなお菓子がたくさん並べられていてもちろん輸入菓子であり三個で八百円とか書いてあったのでこんな高いもの誕生日にしか買えないなと考えつつ二階から街を見下ろしていたんだけどさっき海岸沿いにゆうパック出せる場所もあったし別にここで暮らしてもいいなと考えつつここに住むとしたら洪水が心配だなと考え直し五階以上なら大丈夫だろうかと悩んでいたがひとまずは店を出ることにしたし外観は前の店の外装を変更せず無理矢理ポスターを貼るという改装を繰り返しているためブックオフという文字の奥に古い映画のポスターや変なお知らせがある状況で面白かったので写真に撮影してたら雨がザーザー降ってきてたしひとまずすぐ外の古書店に身を寄せることになったのだがこれさっき見た商品だしひょっとしてブックオフとこの古書店ってどこかでつながっているのかと気付いてから店を出たら服がビリビリになってるアイドルがいたのでそれは制限速度を守らないからだぞと注意する夢を見た。これは起き抜けの夢だったが楽しかったからか鮮明に覚えている。理想郷みたいな感じだったもんな。内灘なんか多分行ったことないけど。
雨雲ってこう、ベルト状にサーッと通り抜けていくじゃないですか。でも、北陸には残り続ける、みたいなことがよくあるんだよね、こういうのって積んである気象の本を読めば理由がわかるのかな、いつもいつもひどくムカついているんだが。とにかく今日はこの雨のせいで出かけられない。それなのに健康診断の話を見かけてウエッとなってしまった。ベーシックインカム導入されたら健康診断も半強制の義務ではなくなるからぜひ導入してほしいですよね。というか、半強制的に健康診断を受けさせられるのって他人に健康度合いを決めてもらいたくなくてじぶんが健康かどうかはじぶんが決めるみたいに思ってるおれにとっては地獄なんだが、ひょっとして人権ってないのか? なんで働く以上はすべての人間が健康診断を受けなきゃならないんだよ。それは企業が労働者の肉体を健康に保つこととは別の問題だろう。そういえば流行語の候補にポエムっていう単語が選ばれたじゃないですか。それがしかも嫌な意味、悪口としてのポエムが。それで若手政治家が変な発言をしてそれがポエムと呼ばれたんだという文脈でマスコミが面白がってその政治家に質問しているというニュースがあちこちで見られた。こうやって、芸術のジャンルが揶揄に使われ、流行語大賞の候補になり、それをマスコミが囃し立てるという、こういう構図のどこに倫理があるんですか? マスコミはもう倫理を語るな。今回のことで確信しましたよね、マスコミは都合のいい倫理だけ囃し立てていると。だってさあ考えてみてくださいよ。たとえば誰かの意味不明な言動を捕まえて「LGBT」「LGBTっぽいよね」と揶揄する、という風潮が一部で流行したら、それを流行語大賞に選んだりマスコミが囃し立てることがあるんですか?? 絶対ないでしょ。むしろマスコミは倫理の牙を剥き出しにして怒るはずなんだよな、こんなことが許されていいのかみたいに、これは賭けてもいいですが絶対そう言いますよ。それなのに、へえ、ポエムって言葉ならいいんですね、マジで何なの。重ねて言うがマスコミは倫理を語るな。おれは一般の人間がポエムとかプロレスとかLGBTって言葉をバカにする意味合いで使うのは別にどうでもいいと思っているので自由にしてほしいんだが、こういう、我々は倫理的存在ですと胸を張っているマスコミがこんなことを問題視せず囃し立てているのが許せんというワケ。実際、日本のマスコミが倫理を捨てました宣言をしてくれればおれは何も文句はない。多分別の争いが起こるけどそれは見てみたいものなので問題ない。ベトナムのマスコミは割と倫理がないので、雑に毛布がかけられてちょっとはみ出してる遺体を平気で見せたりするし、日本のマスコミも見習って倫理を捨ててほしいね。
あまりにも濫用されているので、緊急重版って言葉の緊急性をもう一切信用してないんだが、最近は作家が使うのか、そういう場面に出くわして唖然としてしまった。だって、作家からしたら重版ではあっても「緊急」ではないわけでしょ。どこ目線の緊急なんだよ。ところでそういう、割と遅めの時間、もう出かけるには遅いような時間になっても暗いけどまだ降ってないという状態だったので、天気予報と雨雲レーダーに二重に騙された感じなりムカムカしていた。しばらくしてから降ってきたけどレーダーと一致してないのやめてくれ、おれは出かけないことを選んだんだから素直に降れ。しょうがないので手持ちの古文書を読むことにした。古文書の本の端書きに、真ん中のコラムはまとめになっているので先に読んでもいいですよ、と書いてあったので、先に読んだりしていたが、そこを読み切った段階で集中が切れてしまい、インターネットで調べ物を開始してしまった。ウィンドウズの公式クリップボード履歴について調べていたんだが、これがサードパーティーのものと併用できると書いてあったのでちょっと興味が出てきた。なぜなら現在使っているクリップボード履歴ソフトがgimp関連で固まることがあり、その前後で記録が飛ぶこともあるので、それの予備としてあってほしい感じはあるんだよな。
夕飯のときはテレビの地元ニュースを見忘れないように携帯のアラームをつけているんだけど、今日は無意識に止めてしまっていた。アラームに気付いててそのアラームをとめた記憶もあるのに、「アラームが鳴ったらやるべきこと」をできないのってどうしたらいいんだ? やらないとアラームが止められない仕組みがあればいいんだけどそんなものはないし。目覚ましレベルではそういうのあるみたいですね、でもおれがやりたいことは目を覚ますことではないので。あと音楽作成ソフトでようやくただ画像を読み込むだけの板が出てきたのですごく満足した。それでじぶんのロゴを張り付けてニヤニヤしたりはしたが、実験として貼り付けただけで、さすがにじぶんで音楽作るときにじぶんで作ったロゴ見ながらやるみたいな特殊な自炊行為に及ぶつもりはない。

昔のバイト先の酒屋でアーこの酒なついな前はよく飲んでたんだよねこの焼酎のビンはこうやって開けるんだよって開けるふりをしようと思ったら半開きにしてしまったしせっかくなので全部開いてからどうしようかな観念して買おうかななんて考えていたものだがふと度数を見てみると八パーセントと書いてあるしそんな水みたいな酒買えるかと焦ってごまかすために久しぶりにバイトの手伝いしてたんだけど後輩にレジの打ち方も客の対応の仕方も教えてもらっているのに割と横柄な態度をとるという我ながら最低な行動をとっていたら社長の娘が袋に入れたビールの六缶パックを三つ持ち出していたし分かっているなという雰囲気も出していたんだがあれって何か分かるかなって後輩に聞いたら知らないと言われるしおれも知らないし保留しとこうぜってなる夢を見た。こころは離れているはずなのにいつまでも酒屋でバイトをする夢を見る。あと、天国に来た新人に過ごし方を教えていたら自殺者列伝が机の上に置かれていたしこいつが死んだ経緯が分かっちゃうから見ないようにしてたけどむしろ新人はぜひ読んでくださいと猛烈にお勧めしてくるという夢を見た。なんで天国にいるんだよ。おれは地獄に落ちるはずだが?? いや死後の世界を信じていないのだが。あとあと、ゲームのラスボスを倒しに行ったら仲間のひとりが体力百二十しかないしジョブ変更直後だからだからかもしれないが実質三人で戦うことになったのでギリギリで倒してから戻ろうと思ったらラスボスなので第二形態に突入してしまったし帰してくれと思う夢を見た。あるある~。さらに、図書館で唯一空いている机に座ったらなんか忙しくデスクワークしているおっさんがいてせわしないしうっとうしいし気まずくもあるので荷物だけ置いて遠くの初夏の前に居座って立ち読みして結局帰る時間になったので机に荷物を取りに行ったらまだなんかやっててしかもそれは採点作業だったのでこいつ教師だったのかよと思ったけど関係ないから帰ろうと荷物をまとめたらおっさんの方が先に荷物をまとめてさっさと出てしまうという夢を見た。これは一番覚えてるかな。おれがよく行く図書館っぽい雰囲気ではあった、即ち古臭い。起き抜けには、アニメの中の写真でうまく笑えてないこのふたりは絶対ケンカしてるでしょと思ったしもうちょっと貴族のプライド捨てればいいのにとも思う夢を見た。
起きたら作ったグッズが売れていたのでありがとうという気持ちになった、売れるということはおれの懐にお金が入るということなので。いやそこまでドライな気持ちで作ってないしこないだのロゴで死ぬほど悩んだときにも書いたけど売り物として作る以上ジャケとかより百倍ミスがないように何度も何度も見返しては作るのでむしろかなりウェットに作っているのだが、作ったあとはドライになっちゃうんだよね。なんつーかせっかく作ったんだから買えみたいな態度がダサいと思っているので。それは双方の利益にならないじゃん。どうせ作ってもおれが在庫を抱えるわけじゃあないんだから、その辺をドライにすることには利益がある。ところで今日は出かけない予定だったけど明日明後日雨の予報に変わっている、これは厳しい。明日の予定を変えるべきかもしれんと思い始めた。でもいくら天気がマシとはいえ、読みたい本がいくつもあるこの現状で予定を変えるという意味はほとんどなさそうだ。そう思ってから急激に気持ちが萎えたのでやっぱり出かけるのをやめることにした。読みたい本が、とか言いつつ、音楽を作りまくって何ひとつ本を読まない可能性が非常に高いのだが……。この世は読みたい本だらけ、それ以上に作りたい音楽だらけなのでしょうがないね。
しかし決意したからには読む気力も高まってくるというもの。特に出かけるのを断念したのが大きい、原動力を得た脳がなんと本を手に取り始めた。それでちょうど昨日買った本の中世の地名のパートだけパッと読んだ、これはなぜかというと明らかに薄かったので。で、その本に、宿という地名は非人宿だった可能性がある、とある。そこでこないだおれが見てた小字地名のことを思い出したが、ちょうど不気味な小字が集まってる竹生野の横が「宿」っていう地名だったんだよね、非常に示唆的だ。そんな面白いものを見せられたら、ストリートビューマニアのおれとしてはグーグルマップを起動しないわけには行かない。位置関係を見てみるとかなり山深いところのようだ。グーグルマップは立ち上げた瞬間はマップ表示なので、航空写真に切り替えてみる、と、東の方がもりもりに森だ。というか四分の三ぐらいが森だ。見るからに不吉な感じがするし、竹生野の道は入れなかったので、周辺のストリートビューを確認してみると、怪談話にでも出てきそうなぐらい鬱蒼としている。ストリートビューの車もよくこんなところ通ったな、おれだったら怖くて泣き叫ぶぞ。しかし昔は非人宿だったかもしれない場所に老人ホームを作るの勇気あるじゃん。ここまで探索して、ようやく気付いた、地名の本の読書が全然進まないのは、気になることがあったらすぐ国立国会図書館デジタルコレクションとストリートビューを見に行くからだ。
夕飯のとき、テレビ付けたら突然「出ない!突然来る!」というCMが流れてひどく不快な気持ちになった。飯食ってるときに出す系のCM流すなよ。デリカシーないのか。ワールドニュースでは中国で行われた、日本についての知識を試すクイズ大会の様子が放送されていたけど、SMAPや嵐の所属事務所の代表で最近死んだひとは誰? みたいな設問に対して回答者が「喜多川」ってフリップを掲げてて良かった。

アヲニの文字でルール無用の陣取りをやっていたんだけどどうやっても敗北してしまうしそうしているうちに写真を勝手に使われたのでスタジオにその写真は預けてあるだけで未発表だぞと苦情を入れたら関知しておりませんとか言いやがるしいや店として責任持てよしかも一部じゃなくて全部見せてるじゃんと加えて文句行ったら相手方はインスタグラムで発表すると言っていますので分かりませんと無責任を貫かれる夢を見た。これが起き抜けの夢だったので、一部は覚えているし、アヲニっていうのは打ち間違いじゃないと理解しているんだが、それでも全体としては意味が分からず、はっきりと思い出せない。あと、ゲームを久しぶりに再開したら強力な魔法使いをあえて吟遊詩人として育ててるみたいな状態でセーブしてありしばらく意味が分からなかったが体力が低い代わりに素早さが960と最高に近くなったキャラが誕生していたのでこれで大魔法を連射できるってことだったと思い出す夢を見た。これはゲーム上の数値があるので一部アラビア数字を使わせてもらいましたね、ちょっと覚えている。あとあと、物置のまんが雑誌を漁っていたら古いぱれっとが出て来て懐かしの連載が開始二回目とかだったし勢いだけの好ましい連載陣が勢揃いしていたのでこの頃は良かったなと懐かしんでいたらアニメ化したあの作品も実はぱれっと出身だったと判明する夢を見た。これは一番良く覚えてるな。今はもうあの頃のぱれっとの足元にも及ばないわけだからね。さらに、黒い画面に黄色い文字が流れるモニターには上向きのグラフが淡々と生成され続けていてそれは良く見たら給料のグラフだったし昔のバイト先の酒屋も今では時給が一週間に一円のペースで上がっている様子が見て取れたがおれがバイトしてたときは一気に五十円下げられたのになと恨む夢を見た。給料が下げられたのは事実です。
今日もまた雨が止んでくれない。冬に突入すると毎日雨との戦いになってしまうので精神が大変だ、とにかく雨はムカつくという感情しか湧き上がってこなくなってくる。そんな中、インターネットでタイランドのニュースを読んでいたが、ガン患者の妻が夫を射殺したあと自殺みたいなハードな事件が掲載されていた。しかも、「夫がハンサムで評判のよい人物であったことから、ほかの女性にとられまいと無理心中を図った可能性が高い」などと書いてある。そんなことあるんだ。というか、そんなことを包み隠さず正直に書いてくれる東南アジアのメディアは本当にすごい、日本のメディアも見習ってほしい。日本のメディアはというと、ふんどしパンツ略して「ふんパン」を作る主婦の話が掲載されていた。もちろん安心の神戸新聞だ。四十五歳の主婦が、「見せパンじゃないから実用本位。でも、これならかわいいから、見せてもいいけどね」と言っていたと書かれていたが、タイの報道に負けず劣らずハードな内容だと思った。見せてもいいかなじゃあないだろ。ババアの下着なんか特殊な性癖の持ち主以外の誰が見てえんだよ。おれはジジイがそんなこと言っていても平等に文句言いますからね、おいババア聞いてるか。しかし略して「ふんパン」と書いてあったので、本当にそんな噴飯ものの略称が使われているのだろうか、と思って調べたら、「ふんティ」という略称もあったのでのけぞってしまった。何をどうやってもかわいくならなくてかわいそうだし、業界的な統一感も演出できていない。
そろそろ出かける時間なのだが雨が止んでいない。というか、雨雲レーダー的には雨降ってないはずなのに現地では降っている、これは一体何なんだ、誰も信用できなくなってきた、ふざけるなよ、今日もまたふざけるなよと言ってしまった、ふざけるなよ!! ひと通りムカついたので出かけることにした。うっすら雨が降る中、書店で雑誌を受け取り、外に出るとまだ降っている。それからガレージへ向かい、日本中世の本を一冊購入したが、結局最後まで止むことはなかった、雨はサイテー。そして帰宅すると沢尻エリカが違法薬物の所持で逮捕されていた。沢尻エリカが逮捕されても、尻に罪はないのでみたいなこと考えていたけど、なんか今年は本当にドラッグで逮捕される芸能人が多いな。だからと言って特にそれ以上の感想はないのですが……。だって、ドラッグ使う方が悪いし……。意外性ないとか言われてるのがかわいそうだった。そんなことより夕方になって考えていたんだけど、日本酒をキューッと飲むのキューってどこから来ているの? それは興奮した女の性器から出てくる音ではないのか。
夕飯はピザだった。数年ぶりに食ってすげーうまいと思ったけど、沢尻エリカが今臭いメシ食ってんのにおれはピザを食ってるわけか、と理解したらだんだん悲しい気持ちになってきた。ごめんね、エリカ……。あと、沢尻エリカのニュースのあとにでかい雷が落ちてきたので、留置所で泣いてるのかなと思った。そのあとはアニメだ、アニメをやっとる、というノリでアニメの番組を見ていたけど、年取った声優に昔のアニメの同じシーンを公開でアフレコさせる意味って何なんだろう。おれは声優の人間としての姿を見たくないので、年取った声優が丸見えの状態でアフレコやってるの見るの猛烈につらいんだよね。周りの芸能人はベタ褒めだったし、ツイッターの反応も良好だったが、ああいう感情が本当に理解できない。おれは加山雄三が若大将って言ってるのを白い目で見ているし、声優だけ特別扱いするわけにはいかないんだよね。特にアニメって現実感を剥がして見るものだと認識しているので、声優が表舞台に出てくること自体に否定的な意見を持っている。それなのに、高齢化した声優に過去の台本を読ませて、しかもそれを人間の姿として見せてくる、この意味がまったく分からないんだな。そもそも高齢者がウッフンとか言ってるのがキツいというのもあるんだが、ああいうのってなんか声優を神聖視し過ぎているような気がする。

ヒゲの芸人が学園祭に登場して青いポリタンクみたいな人形に入りなんちゃら音頭を踊った後トークを始めたんだけど突然スプレーを持った五人組が舞台を囲んでプシューとやったので事件かなと思ったら単純に濡れただけだったし芸人はこの経験をテレビでも語ったのでポッドキャストにテレビの動画がくっつけてあったわけだがこれってちゃんと権利関係処理しているのかなと思いつつ後で見ようとなる夢を見た。夢の中でも権利関係を心配しているのか。社会派だな。あと、気温が昨日より下がって九度やんけって思う夢を見たが詳しく思い出せない。実際そういう夢は見たんだろうけど、あまりにも現実と類似しているため思い出せるポイントが少ない。起き抜けには、市役所で絵を赤青に塗り分けてもらう夢を見た。こっちは完全に覚えていない。
今日は晴れてるが気温がかなり低い、夢の通りではないがそもそも夢は見ている事自体が適当なので正夢とかそういうのは一切信じていない。家族は信じているのでそういう事を言う度にストレートにバカにしている、そんな神託みたいなものをいつまでも信じていていい世界じゃあないんだここは。でも、当たり前なのかもしれないけど昨日よりはマシだな、昨日は地獄のようだったからな。しかしいくら地獄を抜け出したとはいえ気温一桁でも裸足でいるの意味分からんというか、これをやるからワセリンが必要になるんだという気もするが、家の中ではなるべく裸足でいたいという気持ちが強いんだからしょうがない、おれは動物なんだ。そんな事を考えていたら今日も元気に雲が出てきたので天気の野郎はやっぱりクソ。つくづくおれのお出かけを邪魔しようとしやがる。このように地元に怒りを感じているため地元のニュースを詳しく観察して貶す所があれば全部貶してやろうと考えていたのだが、お隣富山県でまた老人が熊に襲われていた。富山なんでそんなに熊出るの。県名の通り山だからか? 今年は割と熊の被害が激しいのにどんぐり不足みたいな話を聞かない気がする。いや山から降りてきて民家の木に登り柿を貪り食っているんだから食糧不足なのには間違いないんだろうけど、対策が云々という渋い話を聞かない。もう諦めてるのかな、それともおれのタイミングが悪いだけか。とにかく天気に対する怒りは一向に収まらないため、先に出かける準備をしてみたけど、そこでヨドバシカメラから延長コードが届いていることに気付く。早速部屋に持ち帰りバリバリと袋を開けた。プラグに裏と表の概念がない、リバーシブルというやつ、おれは初めて所有したけど、真ん中が薄いので大丈夫なのかなという気はする。そして予想通りキーボードのハブにトラックボールを差すことができた、解決です。まあ、戻しますが……。いざというときにキーボードのハブに差してもトラックボールを動かせるということが主な目的だったので今すぐにキーボードのハブに差したいというワケではなかったんだ、こないだも書いたかも知れないがケンジントントラックボールはUSBのコネクターの形がオシャレ気取りで差せないんで。あとトラックボールとパソコン本体の間のケーブル長がギリギリだったということもあり、万が一キーボードのハブに入らない場合でも本来の延長目的で問題なく使おうと思っていたのだが、その両方の目的を満足したので一切文句が出なかった。
今日は近所のブックオフへ行った。店内の本棚にちょいちょいアップデートがあったので龍なんちゃらの本を購入、それから百均に向かい、以前から試してみたかったスポンジフロスを購入した。酒屋では何も良い物がなかったのでしょうがなくアルフォートを購入することとなった。うーん、ベトナムのクラッカーは本当に死んでしまったようだ。南無だね。帰宅するとリリースが待ち状態になっていたので適度に発狂して、それからペットボトル焼酎をキメた。それが入るということは当然ストリートビューをやるということだ。やった!
夕飯時にはナイジェリア人のお尻から出てきたカプセルに入ってたコカインの声優について思いを馳せながら何かを食った。何を食ったのかは特に覚えていない。それからようやく待たされていたリリースをして、ご本尊を磨く。ご本尊というのは古書店で買ったトランスフォーマーのことで、最近触ってなかったのでホコリが積もっている。これを取り除いて、ついでにその周りを掃除した。トランスフォーマーは久しぶりにラジカセに戻しておいた。しかしその周りに輪ゴムを放置していたため、溶けた輪ゴムが複数の物体に迷惑をかけている。これが大変にキツかったのでドライヤーで溶かした、全回復は無理だったがまあできるところまでやったのでよしとする。そして寝るまでひたすらパズルをやっていた。

テレビで見たこの映像ほしいなと思ったんだけどテレビに直接録画されてるから無理っぽいししょうがないからこないだ買ってきたパワーアンビエントのCDでも聞くかと思ったんだけどこれは実はブルーレイだったためそれこそテレビでは見られるがじぶんの部屋ではまったく聞けない代物だったという夢を見た。パワーアンビエントって何だよ、まあ多分あるし想像もつくが……。あと、古書店が営業中か分からなかったため障子から透かすように覗いてみたら明かりがついていることぐらいは分かったし店内へ入ると洋風のリビングに背の低い本棚が少しだけあるというスタイルだったのでいつ見ても普通古書店に見えなくて尻込みしちゃうよなあと思う夢を見た。なんだよおれのこの常連様感は。あと障子から覗き見るって変態のやることだよな。起き抜けには、何も買わないつもりでいたけどダブルリングベルトだけはいいものだったので買いに行くという夢を見た。これは全然覚えてないけどいいダブルリングベルトがあったら確かにいいよね。値段によるけど。
いつも起きてからすぐインターネットラジオを聞いている理由は、度々書いているけど聴覚からインターネットに繋がっていることを実感するためなんだけど、今日はそのベトナムのラジオの音が割れてたので、どうしたんだろうという感じだった。でもベトナムだからそこまで不自然なことはない。ただ耳障りなだけかもしれないな、と思い直して、実際耳障りだったのでタイランドのラジオに変更した。で外を見てみると急に雨が降ってきている。パソコンの電源を入れてラジオ局を変更しただけだから大した時間も経過してないのに、雨。そこで狂ったように家中の窓を閉めて回った、雨の野郎は許さん、晴れると思っていたんだぞ。雨に降られるとムカつくので出かけたくなっちゃうんだよね。今日もそのような気分になった、というより、起きた直後の天気で出かけるかどうか判断するようなところがあるのでそこで出かける気になったんだ、それが瞬時に裏切られたので怒っている。しかし出かける時間になるまではどうしようもないので、インターネットでニュースもそこそこにして古文書を見ていた。正確には古文書の中に現れたド近所の話を見ていた。古文書にマジで今住んでる町の名前が出てくるの興奮するけど、住所バラすことになるので詳細が一切言えないので困っちゃうね。ざっくり言うと荘園の話だし、こういう興味から荘園の本を集めたりしているんだが、まだ全然読んでなくてすごい。そうやっておれなりに楽しんでいたら外が大雨になってきたのでますます許されんという気持ちに。雨雲レーダーを見ると北陸特有のまだらな雨雲が広がっている、北陸では毎日が小規模災害だ。なんてことだよ。しかもビビることにこれだけ降っておいて降水量がまったく観測されてない、歴史的には雨が降ってないことにされてしまう、おれが日記に書かない限りは!!
さすがにムカついたので正直に出かけることにした。雨が止んでいる時間帯を選んだので被害はそれほど受けず。ガレージに行って、その行くまでの道すがら色々考えた結果、昨日見送った古代史の新書を五冊購入することにした。これで全シリーズ揃ったわけで嬉しいが、遠くから本棚の悲鳴も聞こえてくるようだ。帰宅したらリリースのためのアップロードがまたウェイティング状態になってて、雨だけじゃないのかと本当に嫌な気持ちになっていたけど、代わりにバグが一個消えてたので若干相殺された感もあった。何のバグの話だったかはもうよく覚えていないが。インターネットはアップルのノートがなんとEscキーを導入しました、Escキーというものは便利なんですと発表してきたというので盛り上がっていた、気持ちは分かる、頑なにボタンひとつのマウスをリリースし続けていたアップルだからな……。アップルはマウスボタンが一個で、しかもそのボタンがESCキーになってるデバイスを発売すればいいんじゃない? まあウィンドウズユーザーだしその辺は淡々と理解しながら、東京大学から古文書をダウンロードするなどしていた。そしてリリースも完了させた。
夜になってDlifeが終わるというニュースが入ってきた、放送開始時にコンビニで専用リモコンもらって今でもテレビの前に放置してあるな、懐かしいぜ。番組じゃなくてテレビ局そのものが終わるときって枠どうなるんだろ? まあ何かが入りはするんだろうけど。ディズニー資本でも支えられなかったんだな、海外ドラマ勢が悲しんでそうだ。あと久しぶりに古文書関係の重要書類をダウンロードしとくか、と思ったらジオシティーズと共に死んでいたので悲しくなった。おれの手元にある二重に保存されたファイルが死んだら終わるのか、怖い。なくなったら終わりなので重ねて保存しとくことにしつつ、代わりに別の重要書類を探さねば、と検索していたらあっさり見つけたので、これは明日でもダウンロードしておこうということになった。古文書は学問的に云々とかは本当にどうでも良くてエグい話を読んで笑いたいだけなんだよな。不吉な言葉で古文書を検索すると、「有闘乱事、御童子二人殺害、取首持去云々、」みたいな明らかに知識なくても分かる文章が出てきて、こういうのを興奮して読んでいるとなんとなく読むための勘が備わってくるのでいいことだと思う。なんか陰茎の話もあったはずだけど、どこだっけ。そういや今日、フランスのニュースで、連帯富裕税だとかフラットなんちゃらみたいな富裕層の税率を下げたらタックスヘイブンの使用率が下がりましたってニュースやってたけど、それ税収的に意味ないし結局庶民が割りを食うだけなのでは? と思った。タックスヘイブンの利用を防ぐために富裕層への税金を下げるなら、そりゃあ、自身に降りかかる税負担をより倫理的に引き下げられるんだから富裕層はニコニコだろうけど、非富裕層の方にのしかかってる税金はなんも変わらんし、比率によってはむしろ増えるだろ。そして非富裕層には富裕層が使うタックスヘイブンのような「合法的」な逃げ道はない。そりゃあ人類滅びますわ。なぜこのようなことを書いているか分かりますか? ベーシックインカムというお金が欲しいからです。ベーシックインカムの本を読んでいたら、学生は社会の歯車となるべく勉強させられているので、金を払うよりむしろ学生手当的なものをもらうべきだみたいな話があって、なるほどなあって感じだった。