ぐ戒

午前十時の起き抜けには、十八時ってもう暗いよなと思いながら再度電話ボックスに向かったらやっと故障受け付けに電話がつながったんだけどこれ外に声が漏れたら個人情報まるわかり出しどうするのかなと心配していたら電話ボックスがガタガタ揺れ出して地面と接している場所から一本足が伸びて高さ十メートルの郵便ポストみたいな形に変わったので怖くはあるが確かにこれだと個人情報は大丈夫だなと安心して受け付けのおばちゃんと喋りあのあと直りました助かりましたと感謝したあと原因は何だったんですかと質問したら英語のチャットで返事が来たのでよく分からないし適当に返事をしたところで地上から大丈夫かと声がかかりそういえば郵便ポスト化したんだったなと考えつつ個人情報の漏洩を防ぐためにカーテンでぐるぐる巻きになってから半分だけ顔を出し大丈夫です修理の話してるだけなんでと叫んで公衆電話に戻ったらいつの間にか電話が切れてて地上に降ろされたしなんでだろうと疑問に思っていたけど翻訳してみたら偶然英語でネズミ野郎という発言をしており相手を傷付けてしまったんだなと理解する夢を見た。超久しぶりに電話ボックスに入ったからか、一回だけの経験が夢に出てきてしまった。ちなみにこの電話ボックスは本屋の前にあった、本屋の前に電話ボックスなどないのだが。あと、暗くなったモールの通路を進んでいたら道の奥に古書店を発見したけどもう遅い時間なので閉店しかかってるし急いで小冊子を買ったんだけど店のあちこちに段ボールを挟み込んでいたので店自体を畳んでいるようにも見えて若干不気味だなと後ろ髪を嫌な感じで引かれつつこの暗さだと泥棒も簡単なのにみんなやらなくて偉いなと感心してから部屋の前の通路に戻ったんだけど通路中におれと同じ学年同じクラスの奴があふれてゴチャゴチャしてたのでついでに旅行調査をやることにして我がクラスはさすがに仲違いなどないのだけど上級生のクラスに行くと特に2-2と2-3のせいとの仲が悪く口先でも嫌いだと言っているのだがお互いの通路の間に巨大な壁が作られていて直接の往来自体が不可能になっていたのでこれは良くないなと書類に書き入れて職員室に向かったんだけど午前三時だから誰もいなそうだったしただウロウロしているところへ女教師に話しかけられ職員室内へ通され机を見ると全体の二割ぐらいはまだ残っている様子だったのでその中から学年の主任の机へ向かいこういう関係性で上級生クラスが特に良くありませんと報告したら大変だねゴルフ大会でも開いて親睦でも深めるかと返事されたしなるほどと思って職員室から出たんだけどその際一応魔法で書類と廊下を青いラインでつないでおいてから下駄箱前に向かうとほかの下っ端の教師が複数いたので例の怖い噂について聞いてみる夢を見た。クラスの表記は見たままなのでアラビア数字で書きました。しかし怖い噂ってなんだっけ。
パソコンをつけてみると明日明後日の雨の予報が消えている、本当に信用していいんだろうか、まあ逆だったらイライラするわけだし消えたときは素直に喜んでおいてもいいか。それでインターネットニュースに突撃したけど、タイのニュースなのにロシアの話題がある。というのも、タイでロシア人が窃盗して捕まっていたんだが、そいつが「ロシアでは値札のついていないモノは勝手に持っていける」という謎の主張をしていたからだ、見間違いかなと思って何度も見てしまった。まさかタイのニュースでロシアのすごさを確認することになろうとは。しかし国内ニュースは相変わらず面白さに欠けるな、原発関連の助役が相変わらず盛り上がっていて、ここが福井県じゃなくて本当に良かったと思うぐらいだったし。しかし今回のそいつもそうだけど、会社の金を横領して発覚する前に死んだ奴とかを見ると、善悪の感情より先に「こいつ運いいな」と感じてしまうんだよね、おれは世の成功者が果たした成功のすべてを運だと考えているので。そんなもん正直勝ち逃げでしょうが。家族は死後の世界みたいなどうしようもない嘘を信じているので、そういう奴はそこで裁かれるなどと考えているみたいだが、そんな証拠もないものを信じるほど知性がないわけではない。むしろ、そういう他人の運の良さに耐えられなかった昔の人間が死後の裁きとか貧しいものは幸いとか言ってたと思うんだよね。おれはそのようなものを信じてないし、だから死後の評価とかもゴミだと考えている。生きているうちに褒めて生きているうちにやる気を出してもらって生きている世界により多くの成果を出してもらった方が得だろうが。人間は生きているうちに褒めろという考えはここから来ている、死んだ後に評価したら雲の上で満足そうな顔をしているとか勝手な妄想だし人間のエゴでしかない。ずっとこんなことを考えているからか、二年前の冬至に人生の冬至いつだよってこぼしたらそのポジティブ野郎な家族が今が人生の冬至だと言ってきたのに全然人生の春が来ねえという状態になってる。
今日は街の方へ。新竪、マンション、ガレージの順番で回って、ガレージで中国清朝の本を購入、きっちり消費増税していた。増税後最初の買い物は中国清朝の本でした、これを早く読みたいのだが全く時間がない。ところで今日、マンションの古本屋かな、そこで昭和五十年あたりに出版されたまんがの歴史の本を見てたら、「最近のまんがは風刺性がない、良くない」などと嘆くような指摘が入っていたので目を引いた。そういう意味じゃまんがと川柳って似てるな、どっちも風刺性という横槍が入るから。もう、現代においてまんがに風刺性が必要なんて思っているひとはほとんどいないだろうけど、未だに川柳に対してだけは頑なに風刺性を求めるひとがいるんだよな、川柳ももう随分と前に多様化してそんなもの必須じゃねえよバカって感じなのに。とにかく川柳に風刺が必要みたいな論調にぶち当たったら「まんがは?」って言えばすべてが終わることが分かったので良かった。夕飯時に、TVでスシローの消費税ゼロパーセントの話見てたら、毎日来てるジジイに対して店員が「昨日よりお得になりましたね」と言ったようで、ジジイが「長生きしてるといいことある」と喜んでいたんだけど、長生きしてて起こるいいことが一回限りの消費税ゼロパーセントなら今すぐ死んだ方がマシだわって思ってしまった。
セフレこと世界ふれあい街歩きはイギリスのブリクストン。突然都市部だし、黒人が見えただけで「いろんな人種のひとがいる!」と言うナレーション、雑ではないのか。駅近郊にはボウイの壁画があり、市場っぽい場所にはフレッシュジュースをつくるひとやカレーを売るジャマイカンがいる。こいつがウインドラッシュ世代の話の話をしてくれた、まあそういう移民の世代があるらしいね。また別のでかい壁にはただの清掃員が描かれている、現在のそいつは髪が長くてゲジゲジしていて洗ってなさそうでこわいんだが、この壁画の当時もそうだったんだろうか? 次にはレモンを絞ってかけるタイプのクレープ屋があった、安いと言われていたけど外食しないので安さが分からない。その辺にはみんなの冷蔵庫なるものがあって、いわゆるフードロス対策、店の余り物を誰でも持って行っていいというやつだった。おれがこの周辺に住んでたらガンガン取りに行きそう。歴史コーナーではさっきも言っていた、植民地から人手を引っ張って来た話がある。しかし十五分もブリクストン駅の近辺にいたのか、街を深く掘ろうとは思わないのか? ビクトリアンテラスの話があり、その現物を見る。なんかきれいというやつ。そして高架下にはレコーディングスタジオがあり、マイケルジャクソンの絵だけキラキラしている。レゲエのレコーディングでノリノリのひとは明らかに現地のひとだなと思った、ちゃんと操作してくれてんのか?次はスケボー教室みたいな感じだったけど専用の場所ではなくて公共の空き地らしい。スケボーできる空き地みたいなのがなくなるとやることがなくて非行に走る子供たちがいなくなる、とか言ってたけど、これはあんまり好きな主張じゃないな。労働肯定派の発言っぽいから。グルメコーナーでは多国籍料理だから、タコの料理を、出して、いた……。邪悪チキンってなんだよと思ったらジャークチキンだったけど、これは聞き分けられねーのでしょうがねーですね。街に戻ると誰でも本を持っていける屋外の本棚があるけど、これはありがちなやつ。むしろ拾ってきたタイヤやタイヤなどで開いたストリートジムの方が珍しかったけど、タイヤばっかりじゃんか。ここで安い公営住宅であるバリアブロックの話になる。これは高速鉄道だか道路の騒音防止のため建てられたが、計画がなくなって騒音防止の建物だけ残ったもので、それで窓が小さいらしい。これは街の社会風俗っぽくていいな。その辺にはスープキッチン(炊き出し)の店もあるけど、ここの運営者もシェフも日本で見たことない太り方をしていてヤバい。腹に力入れて炊き出しせえやと思った。炊き出し引退したらダイエットでもしようかな、じゃないだろ、今すぐしろデブ。寄り道コーナーはプラックリー村、幽霊が出る村。怖がらせるひとがオウイエ~スとか言ってて全然怖くない。そのひとに教えられたセントマリア教会は蔦だらけで、ゴーストハンターがうろついており、胸に「ゴースト」と書かれたシャツを着ている。本物だ! しかしスマホ使って幽霊と喋るのはすごいな、絶対嘘じゃん。寄り道コーナーが終わり、駅前マーケットへ戻ると全員撤収している。そこでレコード店で生演奏を聞く。最初は露店だったとか言う、ここで駅前マーケットとつながるんだな。しかしこのレコード店一発で終わってしまった。以上です。うーん普通、何より奇人がいなかった。

古書店を散々に冷やかしてわずかに一冊だけ買うということをしたのにそのあとに買いたいものが出てきて戻りたくなったしあれだけ冷やかしたあとだから戻りにくいと思う夢を見た。
夢はこれだけだった。なぜかというと起きてから家族が大騒ぎしていたからだ。それでまたなんで大騒ぎしていたのかというと、家の固定電話がいきなり繋がらなくなったからだ。これがなぜだか分からない、分からないがおれが故障担当にされている、家の中でもっとも電話を使わず、かつ電話が嫌いなおれが。そんなおれが、電話機を。おれでない誰かのために、電話機を。というか見ていて哀れだったから別にイライラしてとかじゃなくて自発的に動いてやったみたいな面もあるが、ともかくそれで夢を記録する時間もろくになかったし、そうしているうちに内容も忘れてしまった。とにかく家の中で何をしていても電話機がつながらないし原因も分からなかったため方法は限られている、なぜなら電話機が使えず、かつおれが携帯電話を持っていないということは、電話する方法がないからだ。うーんと悩んで、とりあえずありがたくも繋がっているインターネットで検索してみると、そういうときは公衆電話から113に電話するといいらしい。それで張り切って公衆電話に行こうとしたが、どこにあるかが分からない。もう携帯電話中心の世の中になって久しいのでどこにあるか把握もしてない。電話嫌いなのにそんなもの把握するかボケ。それでインターネットで公衆電話を検索するという本末転倒なことを行った。その結果近所に一か所だけあると判明、ほとんど部屋着のまま出かける。どれだけ時間がかかるか分からないから百円玉を入れて、金はあとで家族に請求すればいいやと思いながら113を押したら、現在は混み合っており云々と言われてしまう。結局留守番電話を吹き込んで帰ってくるしかなく、脱力してしまった。しかしこれが今現在できることの最大値なのだから仕方がない。そしてしばらくインターネットをして過ごしても何の音沙汰もなかったので、出かけたときにもう一発連絡するか、などと考えていたらもう出かけるべき時間になっていた。
今日は雑誌の受け取りがあったんだよね。それを済ませた後にブックオフへ、なんだかんだで電話機のことが気になって遠出する気にならない、と言いたいところだが今日は消費増税前最後の日だからちゃんとセールしてそうな場所に向かった方が良いのだ。それでブックオフに到着してみると、消費増税前のセールなどは一切行っていなかった。売る気があるのか? それで、こっちは以前からセールをしていて今日が最終日だと知っていたリサイクルショップの方へ。ここでは百円のオシャレな縁無しお盆を二枚買った。予備を買ってしまったよね。そして帰宅してみるとまだ家族がウロチョロしている。しかし出かける前と違うところは家族の部屋を開けているところだ。何をやっているか聞くとここに機械のようなものがあり、そういえば昨日の掃除のときにコンセントが抜けたなどと言っている。ハ??? それがすべてでは???? 結局懐中電灯で照らしながら、コンセントをプラグに差し込んだら瞬時に直った。おれは家族の部屋に勝手に入れないんだから、そんな前情報教えてもらえないと無理も無理ってやつだろ。今日は本当にこれだけですべてが終わってしまった。せめてまんがだけは楽しく読みたいものだ。
それではまんがタイムきららキャラットの感想を書きます。『まちカドまぞく』、メガネを助けに異世界へ行く、全員戦闘形態で興奮するのなんとなくわかる。追尾用のグッズ割と目的が本気で笑った、敵に付ける奴じゃん。異世界では偽物を消していくという感じなのだが、最新のドラム式洗濯機に欲望を感じる主人公が素直でかわいい。偽物はメガネっぽいというのも思いつかない展開だった。『恋する小惑星』、バーベキュー当日だがまさかの雨。マシュマロでテンション上げての雨なので対比が効いてる。雨でも屋根のあるところでバーベキューをするんだけど、しれっとあだ名を付けるという懐かしさで盛り上げつつ、気象担当の子はやはり豪雨災害を受けてくらい。そこに環水平アークが見えてテンション爆上げというのも良い対比だった。何よりバウムクーヘンを回収したところで笑った。『おちこぼれフルーツタルト』、なぜだかページ数が4p。アイドル甲子園で自己紹介をする流れで終わっていて、ポロリの天丼がある。自己紹介で四回目を狙ったのが良かった。『NEW GAME!』、扉絵の乳房がすごいな。引き抜きの相談を社に持ち帰る展開なので、覗き見のいやらしさ以外にファニーな部分はない、そんなときにカレーを食ってる主人公!! サメ野郎、悪い考えを持っている。『メイドさんの下着は特別です。』、ダイエットだろうがなんだろうがカラーだったら当然にブチ抜いて来るエロのお手本展開。確かにダイエットの連帯責任謎だけど、謎のままにしておけば主人公もブルマを履く。ダイエット食のおむすびの描写が割と古風なのが面白かった。腹を揉んでスタイル戻った……。『アニマエール!』、恐怖の四コマをずっと書いていたので怯えられていて笑った、でも題名が「光」は怖過ぎる。ピアノなど複雑なものは書かないって作者の自戒なんだろうか? 提出の際の「下書きじゃなかったんだね」もキツい言葉だったのでゲラゲラ笑った。最後はちょっとシリアスだったけど呼び捨てされて卒倒するあたりはさすが。『mono』、絶景はバスからの景色で充分だろっていうの分かり過ぎてウケるけど、でもそのまま引き返すのも無駄っぽいな。とにかくスケボー映像を撮りに来た。ハイマツって這うから来てるんだな、植物興味ないから全然知らんかった。夢の中で出発したってライン来るのは確かに迷惑っぽいな。スケボーのスピード感演出がうまいし、別の場所に辿り着いてて笑った。『RPG不動産』、吟遊詩人の歌声がジャイアン。声が破壊的なので前線で歌わされたという、その戦闘画面がFF調だ! その歌声に耐えられる家というだけでも難題なのに、さらにバニーやっとるから街から近い場所にしてくれというお達し。そこで呪われた城を紹介しようとするのもひどいが、声で敵を倒しまくったおかげでレベルが最大値なのもよくできてる。が一番いいのはそこの強い悪魔を倒したときにかけられた大事なものを奪う呪いで破壊的歌声だけが奪われ声がきれいになるところ。全体的にすごくいい流れだった。『紡ぐ乙女と大正の月』、教科書って返り点のない漢文なんだ、そうだったかもしれん、確かにキツそう。授業を切り抜けた主人公を覗く影、新キャラ。追いかけてきてこの世界のひとではないでしょと告げられ、終わった……かと思いきや天女と勘違いしている、この落差が良くて笑った。しかもヒロイン役に惚れてるサブキャラがくっつけようとしてて良い。『ごきんじょリビングデッド』、ひだまりスケッチの代わり。走ると手足がちぎれるってかなり怖いと思うんだけど、クラスのみんなはテンションが上がる。しかし遅いので本来ビリだったキャラが大喜びしていてゲスくて笑った、せめて隠れてやれや。ゾンビが俊足の足を持ってきたってシーン、あれ死体の足だよな……。イメージでは激闘してるところも面白かった。『キルミーベイベー』、芸術の秋だが勝手にしてろと突き放されると即座に背中にペンキ塗る瞬発力、すごくいい。ポーズ煽りがあったあと、書いた絵がめっちゃホラーで、移行これが中心になる。粘土がホラーなの、むしろ造形力が高いのでは。芸術は爆発なのでリアルに爆発した結果、顔の方がホラーの顔に似るというヤバ展開。『ブレンド・S』、太った女キャラの目に「ごじゅ」と映っている、珍しいな体重が出るなんて。そこでイチゴのパルフェが来て食っちゃったあと、妊娠と勘違いした耳年増たちがお互いにツッコミ合っていて笑った。男の腹は見せんでいい! しかし三キロ太って五十ならだいたいの体重も分かるな。ダイエットのとばっちりを受ける店長かわいい。『魔王の娘からは逃れられない』、主人公をお披露目しに別の城に行く、ここでカラー扉絵の新キャラ登場。衣装の風通しが良さそうですごいが、パワーアップするとセパレートするのはかっこよかった。相手が慕われタイプなのもかわいい、かわいい分弱い。慕われてても結局大暴れするので意味ないんだけど。お茶菓子が一種の武器になってる!『先パイがお呼びです!』、先輩の声が出ないが、先輩好きなサブキャラは気持ちが分かると張り切っている。でも筆談で気持ちを伝えてくる先輩と、(ハロウィンのお菓子を持ってきてないから)いたずらしてという紙を差し出すの、背徳感アリアリで笑った。あっあっしたいされたいみたいなテンパリ方サイコーですね。後半の先輩のアリガトのポーズもかわいいし、「パシモ……?」でもゲラゲラ笑った。『ぼっち・ざ・ろっく!』、MAXから出張。家族がバンド聞きにくるとか大丈夫なのか!? と思ったけどキャラを作ってないから大丈夫なのか。ほぼ授業参観っぽいが、家庭内のヒエラルキーに笑いつつ、社交的な妹の圧倒的パワーに本気で危機感を覚える主人公のズルさに爆笑した。ベースが洗脳するのも大人気ない。酔っ払いがしっかり簀巻きにされているのも良かった。確かにこれがロックだね。『正義ノ花道』、最終決戦なのでシリアス。放置して戦わない辺りしかファニーなポイントはないかな。ボスを倒して、後は頼むってなって、閉じ込もる、みたいな急速な展開なのでやはり詰め込み感がある。主人公が残ってドーンで次号最終回。『NEW GAME!』、二話目。カラーに水着を持ってきた感じだが、一話目のキャラの乳がカラーでもっとすごくなっていた。ノーブラってことだよね。沖縄が寒いのでややキャラたちも暴れ気味だが、本社の方はやはりシリアス。ライトノベルの挿絵の設定がもらえず描き直しになるまでの葛藤や苛立ちが描写されている。旅行に来れなかったんだ。『しずねちゃんは今日も眠れない』、前回、制服の作品書いてたひとかな。今回の主人公は眠い、あまりの眠さに羊の抱き枕を買ってしまうが、それが突然人間になってしまう。当然主人公は信じられず、頭がおかしくなって誘拐してきたと認識してしまう、ここで笑った。抱き枕だから一緒に寝るかわいい展開だが、壁に投げ付けたりサンドバッグにしたりしていいですよという提案が暴力的で良かった。『精霊さまの難儀な日常』、通り雨なので看板を盗んで傘にして帰る火の精霊、豪快だな。帰ったらヒロイン役が風邪を引いている。朦朧としてポエミィな表現を使っていて笑った。火の精霊なので水が使えないががんばる、そして加湿で逃げていく仲間。しょうがないので水の精霊を呼ぶが、明らかに丼物を作ろうとしててゲラゲラわらった。病人だぞ。裸で抱き合ってたはずなのに服着とる。『かぐらまいまい!』、水着がスク水しかないので買いに行く。鈴付きのペンがあるので買おう、でもサイコロにしようかなとか言ってたが、明らかに丸いペンだったので笑った。水着を選ぶときはコスプレ展開だが、マイクロビキニは着ないのか!? 禊用の白衣で海水浴してたら古代人みたいだよね。屋上に神社を作るのは神様が垂直移動に気付かないから、というのは知らなかった。『あやしびと』、巨乳になった夢を見ていたのに起こされてしまう主人公、(元気がない・巨乳が)ヘコんでいたというダブルミーニングでキレてるのうまくて爆笑した。悪口言ってたら後ろに立たれてるの、いいですよね。こころを読む焼き肉奉行の目が本気でかっこよかった。本能で肉を齧るゾンビも面白かったけど、意外とお酒で忘れたいみたいな感情があるのがめちゃくちゃ良かった。『ハイシンテンシ』、 作風と絵がななどなどなどっぽい? 天使が人様の部屋に来てヤニ臭いとか言うの暴力的でのっけから笑った。天使に間違いで殺された主人公という設定だが、生放送のやつ、名刺で口元隠すのってテンプレなのかな。その生放送を勝手に使われたのに視聴者数延びたら欲深い顔になるのも面白い。みんな天使にすればいいとか、本業の魂が取れ過ぎて引くとか、ギャグがキレキレでめちゃくちゃ良かった。『異なる次元の管理人さん』、とりあえず主人公のアパートで作戦会議、メシいっぱいあるな。また主人公の股ぐらの間に収まるサブヒロインという流れだが、そのサブヒロインは生体コンピューターであるとのこと。しかし「異なる次元」で感情があると気付いたので取り戻したいんだと泣いて抱き付くあたり若干シリアス。ここでこないだの会社員としての主人公の取引先に同じ大学があるという展開もうまい。それ以上に、同棲だとかなんとか、ハーレム展開を作るのが異常にうまいなと感心した。以上です。

誰かがおれの部屋に入ってきてパトカー来てるみたいと言ってきたし確かにプレハブの陰から赤色灯の光が漏れているけど肝心のパトカーはおれの部屋からではどんな角度から見ても確認できないしちょうど雪が強くなってきたからこの雪の様子を見に来たついでの態で見てこようかと提案するとそこまでしなくていいと言われたがおれ自身興味があったので外に出かけて何とか回り込もうとしたけどここらは集落で平屋が多いため雪が降ったらすぐ町全体が閉ざされてしまうしこれは車でも進めないのではと思っているとそこらにいた乞食みたいなボロボロの奴らが一度町を出たらなかなか戻ってくれないよと呟いていたし確かにバス停の前の雪もきれいなままでバスが着た形跡がないんだよなと納得する夢を見た。時期じゃないのに雪の夢を見るのは雪が好きだからという理由で納得がいくんだが、なんで家の周りが限界集落みたいになってるんだろう。あと、家族の車に乗ったんだけど運転役の家族がアクセル踏みまくってて超スピードを出しており違法とかいうよりまず単純に怖いと指摘したらそれで余計にキレてさらなるスピードを出してきたし死を覚悟したんだけどそのおかげでおれが行く予定だった病院に診察時間内に到着できたし地下病院の入り口であと二十秒でーすと看護婦が叫んでいたので車を飛び降りて急いで並んだらおれのところで最後尾になるほど長蛇の列となっておりおれこれいつ薬もらえるのって質問したら病院関係者のおばちゃんが絶対に用意しますからねと言ってきたしいやいつだよと改めて質問する夢を見た。そんな車から飛び降りるほど楽しみな病院とかねえだろ。おれは病院が大嫌いなんだぞ。起き抜けには、鹿児島の下にバラバラとある変な小島の中のひとつは変な名前だしそこで布地を二セットもらうだけの研修は楽でいいなと言われたのでその見立ては違うぞここでは裁縫を教えることが脱出条件だが島のみんなが裁縫うまくて教えられないから実績は確実にゼロだし無為な時間を過ごすばかりか脱出できるかどうかも怪しいんだそれでもいいのかと指摘する夢を見た。刑務所かよ。
今日は日曜日なので出かけない予定だが週の後半が雨の予報だらけというのが気になる。そうなると今日は出かけた方が良いのではないかということにあるがそんな欲求は一切ないので困った、困ったときは出かけない。トロッコ問題ってあるじゃないですか、あれって嫌いなんだよね、さあ考えてくれたまえみたいな雰囲気というか圧力があって、いやお前が仕切んなやと思ってしまうので。思考実験を出す側みたいなのムカつくんだよね。ところがこのトロッコ問題は考えやすい割に答えが出しにくいからか、事あるごとに話題になってそして誰かと誰かがケンカして最終的に有耶無耶になっていく。もはや実験ではなく単なる暴力のようにも思えるが、どこかの学校でそれを出したことで生徒が不安がって学校側が謝罪に追い込まれたらしい。それを聞いて納得したよ、トロッコ問題の正解は「保護者に謝罪」だったんだなって。これからは全部保護者に謝罪と回答しましょう。なんか変な質問してきたひとに対して「ごめんな、そんな質問させて……つらかったよね」って言うのと同じロジックだし飛び道具っぽくはあるんだが。というか生徒が不安がったぐらいでなんで学校が謝罪してるのかもよく分からん。そんなこと言ったら小学校の頃、戦争の悲惨な映像を見せられて、死ぬの怖いってなって明らかに不安になったものだが、ああいうのでいちいち学校が謝罪することになってしまう。いやしてくれるんだったらいいよ。してくれなかったのになんでトロッコ問題ではするんだよってところだよ、現代の悪いところは。
昨日気付いたんだがネット連載を一ヶ月分飛ばしてしまっている。それはよくあることなのだが、直前の話を見せない悪いシステムであるため流れがまったく分からなくなってしまった。ケチなのかなんなのか、直前の話を見せないことになにかメリットがあるんだろうか? こんなケチなネット連載は読み飛ばすようなスピードで読むぜ、となって、出かけない日曜日の午後、溜まったオンラインのまんがを読んだり流し読みしたりしていた。そういうのを見まくってるせいかどうかは分からんがオンラインゲームの広告や話題がビュンビュン飛んでくる。これは悪口じゃなくて善意で言ってるんだけど、「北斎に水着」とか「紫式部にチャイナ服」という字面見ても違和感なく受け取れるひとはカレーのことをタピオカミルクティーって呼んだ上でタピオカミルクティーを白米の上にかけるとすごくおいしいと言っても真意を汲み取ってくれそうですごいな。カレーは飲み物って言ってるひともペプシのことをカレーという名前で呼んだ上でカレーは飲み物って言ってる可能性あるからな。マジですごいよね。で夕方は掃除機をかけていたんだけど、おれがほぼ使わないリビングのカーペット、久しぶりに掃除機をかけたらまた異常な量のホコリが取れた。マジで何も掃除してないのかな。
夜さあ、NHK見てたら美空ひばりをAIで再現するという番組が流れてきたんだ。これは、死んだ人間を合成音声・合成映像で代替的に蘇らせて新曲を歌わせるという内容だったけど、これって死者の冒涜じゃないのか? 仮にも意志を持っていた人間を意志のまったくない状態にするってことでしょ。死んでも他人の意図で新曲を勝手に歌わされることに問題がなさそうな番組作りでこえーな、普段は倫理を云々するNHKがなんなんだ、と思ってたら一応、バーチャルに死者をよみがえらせることには批判もあります! という映像が流れたが、流れただけで何の結論も出さずすぐ本編に戻ってしまった。その上、美空ひばりが天国から喋ってるみたいな語りも入れるのか、なんだよこれは、どっかの宗教のボスが守護霊おろして喋ってるのと何が違うんだ。そしてその番組のラストに、「死者をAIで蘇らせていいかどうかは、人々が本当にそれを望んでいるかどうかによる」とナレーションが入ったけど、その論理ならクローン人間が作れてしまうよな。美空ひばりのクローンを本当に望んでいるひと、たくさんいますよね? それと根っこは一緒のはずなんだが、なぜ肯定的にこんな番組を作ってしまうのか。まあ今回の件でNHKが「倫理的に賛否両論あるけど、望んでいるひとがいるからいいじゃん! これが想いの力だ」みたいなスタンスを取っていることがよく分かったし、二度と倫理を語るな。

午前十時の起き抜けには、一生使える能力が欲しいかと言われたひとがそれって別名病気ってやつでしょと答える夢を見た。変に皮肉を効かせた答えだな。まあ確かにそれは病気なのかもしれん。そうかもしれんが……。正午過ぎの起き抜けには、太陽が床を温めてムラができていたので今日はカチコミだとなったので魔力の使い方を教えてやろうとしたらいや最初から全力でやるからいいと断られる夢を見た。これ勢いでメモして、ツイッターに記録しているときはギリで覚えていた、そういう感覚はあるんだが、今考えてみてもまったく意味が分からんな。欠片も思い出せない。夢はこれだけだが、これは午前十時にちょっと起きたときにまだ頭痛の気配があったからで、あーやばいなと思ったので夢をほとんどメモしなかったってワケ。正午過ぎに真実の起床時間が来たときには完全に消えていましたが。まあその起きたってのも家族がうるさくして目を覚ましとるわけですが……。
起きてみるとなんか明らかに異常な雨雲が来ている。でも、天気予報屋さんが一度出した予報を間違えるわけがないと信じていますからね、などと強がりつつ、イライラしながらインターネットニュースを読んでいたつもりが、結局のところ天気予報ばかり見ていた。天気予報が降らないと予報してくれる雨雲の動きを見ていたんだよ。ムカつくだろ? そんな天気に圧をかけるため先に出かける準備をしたけど、おれだって常に大気圧を喰らっているんだよな。だからおれが圧をかけるなんて大したことないだろ。粋がっていたら空から変な音して、これは雨雲が移動するあの低い音では、と気付き、急いで雨雲レーダーを確認してみると、レーダー上では雨雲がかかっているという状態。でも雨が降ってない、なんだなんだ、そろそろ出かける時間だぞ、と推移を見守っていたらここで雨が降ってきた。雨が降ってきた??? おれが出かける予定の時間までは雨が降ってなかったのに?? マジでなんでこの時間から雨が降り出すのか分からない、嫌がらせとしか思えない、だったら午前中とか今の時間までに降っておけよクソが、通り雨であれよ、一分で止め、などと呪詛を吐きまくっていたが、出かける用意はしてあるんだ。そこで意地でも出かけることにした。
イライラの極限状態でお外に飛び出し、雨の中雨合羽着て出て行ったらこういうときに限って逆に雨が上がってきて、雨も降ってないのに雨合羽着てる変なひとにされてしまった、雨雲は死ね。ガレージで、昨日は確かになかった古典文庫があったので、これまでしばらくの期間迷いつつも買わずにいた英語の本と一緒に購入しよう、と思ったら会計する事務所の鍵が開いてるのに真っ暗という異常な状態だったので、関係者以外立ち入り禁止のガラス戸をバンバン叩くことになってしまった。まあ無事に購入できましたが。ところでぼくはいつもパンをもらっている身分なので偉そうなことは言えないのですが、どういう経緯だったのか今日はいつもとは別の人間がパンを調達するとか言ったらしく、しかもまだ帰ってこないので、今日もいいことねえなと考えたりしていた。これで変なマクロビっぽい小さいパン買って来たら図々しく文句言おう、と考えていたが、そうではなかったので争いは回避された。
まあなんかインターネットでも現実でも保守と革新、右と左が胸ぐらを掴んでケンカしあっていて、おれはそれに適当にお湯をかけるのが大好きなんだけど、どうも観察してると事なかれ主義が一番な気がしてくるな。アメリカ人がセクハラかなんかで槍玉に挙げられたとき、「分かります、分かります、あなたの言っていることはとてもよく分かります」「しかし、そのことにはコメントできません」みたいな、どこをどう切り取っても大丈夫な発言をしてたのを見て、特にそう感じたね。ああ、こういうのが完成形なのか、と。結局ワカリマスワカリマスが最強なんだよな、それ以外は何も言わない方が政治的に正しい。その結果何も具体的なことを言わない政治家が誕生してしまう。まあ確かにそれ自体はズルい存在なのだが、今はケンカの時代だからなあ、ケンカオアナッシングという状態になっている、こういう場でケンカを避けようとするとナッシングになっちゃうんだろう。そういやこれも政治の話だが、軽減税率対応でレジが必要というNHKのニュースで、取材を受けたおでん屋さんがレジ買った店のことを「レジ屋さん」って言ってたのに、字幕では「レジの業者」と直されていたので、NHK許さねえという気持ちになった。なんでそんなかわいい表現を訂正するんだよ。

尻たぶに釘が刺さってしまってて痛くはないんだけど一生刺さったままなのは嫌だし空港の金属探知とかにも引っかかりそうだがだからといって無理矢理引き抜くのはヤバそうだなと思う夢を見た。これ怖くて目が覚めてしまって、尻に釘が刺さってないことを確認してもう一度寝た記憶もあるので結構な悪夢だったと思う。でも結局寝たので恐怖は長続きしなかったということだろう。起き抜けには、救いの手が下りてきたが金沢のことは金沢のルールでやらせてもらうと突っぱねる夢を見た。これなんだったかよく覚えてない。怖くないからだな。
あちーなと思ったら三十度突破してた。まだギリギリ残暑という表現が間に合う季節だから別にいいのかもしれないが一か月後は絶対に寒さに震えていることを考えると嬉しくはないな、いや、暑さも暑さで別に嬉しくはないんだが、この時期の気温急降下は物理的にも悪いし、精神的にも悪影響を及ぼすので。起きてパソコンをつけて即刻東南アジアニュースを見た、当たり前なのかもしれないがタイにタイ湾っていう湾があるんだな、理屈上完全によく分かるが絶対にタイ湾加油~とか言いたくなっちゃうでしょ。今熱気あるのは香港だけど。そういやアマゾンで他人の注文履歴が表示されるみたいな個人情報流出騒ぎどうなったかよく分かってなくて、検索してみたんだけど続報がない。ないってことはまだ直ってないのか? これが増税前最後になるAmazonのサービスとか笑っちゃうな、まあAmazonで買い物することはほぼなくなっているのだが今回のは直近で買い物してないからセーフとかじゃなさそうだしなあ。そもそもウィッシュリストを公開する気があんまりないっていうのもあるけどおれがAmazonウィッシュリストを公開しない一番大きな理由は個人情報が漏れたりするのが怖いというものだし、そこに加えて今回の個人情報流出を見るとマジでザルみたいな管理だなと思ってしまう。ぶっちゃけできるならウィッシュリストもあんまり作りたくないんだよね。必要最低限のものだけはぶちこんであるけど、基本的にはダウンロードフォルダにアドレスのファイルを固めておいて、必要なときだけ使う感じにしている。あとは石川県の当たり屋のニュースがあって大変に虚しい気持ちになった。何が「相手は本物のヤクザ」だよ。石川県には元々本物のヤクザしかいないんだから、そんなこと言ってくる奴がいたらそれはすべて詐欺だよ。そして天気予報を見たらなんか明日の方が雨だという天気予報に変わっていて最悪な気持ちになった。最悪といえばパソコンが起動しないとか最悪なんだけど、マッキントッシュはクロームのアップデートごときで起動しなくなることがあるというニュースを見たので、相変わらず最悪だなと思った。
今日は街の方面にお出かけした。新竪とマンションとガレージを意欲的に回ったんだが、結局何もなかった、そしてまた悪質な車に幅寄せを食らった。何もない上に幅寄せ食らうとか何? この世の地獄かよ。しかも人間が与えてくる方の地獄だ。チャリごときに幅寄せをかまして得意気になってるドライバーなんかは最終的に盗難車両でエアガンぶっ放しそうだから全員免許の永久剥奪とかでいいでしょ、完全なる犯罪だぞ。このようにイライラしながらコーヒーを作っていたら、間違えて豆を一段階粗く挽いてしまったので、出来上がりもちょっと薄くなってしまった。しかしコーヒーに貴賤はない。焼酎とパンでおいしく一杯ということにさせていただいた。あとこれはコップを洗っていて気付いたんだけど、昨日買ったコップは貫入が発生する代物だった。いや、別にいいんだけど、おれが所有したコップで貫入がきれいに出た~ってなったやつ一個もないんだよな。コーヒーカップなので間違いなく貫入ができることを前提としているのだが、今回はちゃんときれいに出てくれるだろうか。ちなみに使う前に水につけると貫入を低減できるとかいう豆知識もも知っているのだが、そんな面倒なことするぐらいならバリクソ貫入させた方がマシだ。
夜の行動なんだけど、実は結構頭痛がウザかったので床で寝てしまっていた。断続的な睡眠を三十分ほど取ったのだが、結果的には何も解決しなかった。いや起きた直後は頭痛がなくなったと思っていたんだがその後半分ぐらいは戻ってきてしまったんだ。それで面倒だなクソと思いながら音楽を作っていて、このへんで録音をやめるかと思ったらそもそも録音されてなくて背筋が凍り付いた。おいおい、こんなことがあっていいのか? という感じではあったが、最終的にはおれの行いが全部悪いということで決着してしまった。まあそんなときもあるさ。ただ、ムカつきはしたので、ドローンに関しては消音でもう一度録音した。とにかく頭がいたいといつも珍奇な行動で頭痛を鎮めようとして時間を無駄にするの良くないしそれだったら頭痛薬飲んだ方がマシなんだよな。この日は結局飲まなかったけど。

学園の屋上に魔法で目くらまししあうカップルがいたので教師たるおれが仲裁してあのなあお前らはケンカしてるつもりでも周りから見たら痴話げんかしてるようにしか見えないぞと忠告してそれに今から敵の全体攻撃が来るぞと付け加えると女の方が分かってまーすとふてくされたみたいに屋上を出て行ったがまああいつは実力者だから大丈夫だろうと考えていたらそのあとすぐ敵の攻撃の黒い雨が来て建物を貫通し始めたので残された男と一緒にさっきの女を探すと天井にマンタみたいに広がって雨を防いでいる様子を見ることになったし恥ずかしいわと言ってもいたけどでもちゃんと攻撃を防げてるじゃないかと褒めつつもその下に入って雨をやり過ごす夢を見た。覚えているんだが話の流れがしっかりしてるのに内容が無茶苦茶というすごい夢だな。あと、芝生の上で芸人の片割れがもう片方をカニばさみしようとしてたんだけどそのもう片方は間接を逆に曲げて逃げていてその結果足の関節が一回転していて怖かったけどこのように不毛なことはやめようというメッセージにつながる夢を見た。この芸人は割と大御所だった気がする。あとあと、段ボールに入った古書の全集のチェックするため手に持っていた古書をいったん置いたけど半分ずつ手分けして調べるんだったし先に二十四冊チェックした方が時間的に得かどうか考える夢を見た。これはうっすらとしか覚えてない、ただそのようなディグは常にやっている。つーか本当は後半ふたつの夢って同じ流れの中にあったはずなんだけど、起きた直後から姉と家族がケンカしていたので詳しく思い出せなかった。
起きてすぐ、昨日のリリースを確認してみたら、タンブラーとアーカイブオルグのアドレスの順番を間違えて逆にしてしまったのでツイッター上では直接試聴ができなくなっていた。失敗しちゃった。ところであいちトリエンナーレのなんちゃら金が不交付らしい。それに怒って文化がダメになるって言ってるひとたちがいたんだけど、そのうちどれぐらいが死後著作権保護期間延長に怒ってくれたんだろう、あのときには見られなかった勢いだが……?? 死後著作権保護期間が本当にまともな理由も意味もなく七十年に延長されたのが盛り上がらなかったのって、それで得をすると思ってたひとたちが黙ってたからだと思ってるんだが、作家本人と文化全体からして得をする存在なんていないんだよな、作家は当然死んでるから得するわけないし。死んだ人間の著作権を独占的に使えるひとや団体だけが死後著作権保護期間延長で得をするのであり、そんなゲスい利益のために大作家や有名作品以外の作品は社会とのリンクを失って散逸していく、その期間が五十年でも長かったのに七十年になったから文化の死だと思っているんだが、なぜあのときにはあんまり騒いでくれなかったんだ? おれはツイッターでギャーギャー言ってたんだけど。多分あのひとたちに見えてる文化っていうのはカジュアルな文化なんだな。著作権ってのは文化の地盤みたいなもので地味だから今すぐ壊れる何かがあるようには見えないんだ、一見すると見えない。ところが金をやらん! となるとこれは今すぐダメになりそうに見える。一見するとな。おれはここに差をつけてどっちが上だ下だと言うつもりはないんだけど、だとしたら同程度というわけで、なんであのとき、都民のお前らは文化庁に突撃しなかったんだ?? って気になっちゃうんだよねえ。
おれはそんな中でもリリースしまくっている、昨日も一作品リリースしたし、今日も二作品リリースした。金がもらえないと芸術やらないのか、いやそうじゃないという論も飛び交っていて、おれもまあ、金のために芸術活動をしているわけではない、楽しいからやってるんだが、それはそれとしてベーシックインカムが欲しいんだ。収入の心配をすることなくノイズや川柳を作りまくる、言い換えると文化を生み出し、ついでに労働が破壊されていく様子を見ながら高笑いを上げたい。なんでリリース速度が上がっているかと言うと、創作意欲はもともと燃えていたのだが、やっとウィンドウズにおいて面白インターフェースに出会えたってのが大きいな、これで興奮してノイズやドローンを作りまくっている。そもそも Yukiga Futte Uresii やり始めた当初は月平均四リリースぐらいだったと思うんだけど、それがここ数年はマッキントッシュが壊れてウィンドウズに移行したこともありさらに適切なソフトがなかったので月一リリースとかになっていた、それが適切さを得たので爆発したって感じだ。
今日のお出かけか。今日はまずハゲに会いに行ったけどいなかったので通過だけして、方向的に昨日と同じ場所へ。つまりブックオフ方面だが、今日は逆順で回った、即ち先にリサイクルショップで昨日見逃したコップを購入して、それからブックオフに行ったんだ。しかし、やはり、昨日見たばっかりなのでさすがにあまり変化はなかった。ただコップは満足したので買った、これは昨日言及したものとは違う、とっても良いものだ、ひどく満足した、帰ってすぐそのコップをキッチンハイターの偽物で漂白した。しかし漂白をしている限りはそれらがキッチンを占領するのでコーヒーが作れないということも分かってしまった。バカっぽい。そういや、深夜にまた、茶を過剰抽出してしまったのもバカっぽいんだよな。おれは脳がダメなので(具体的に言うと完全にどうでもいいことに対してのみ異常な集中力が発生してお茶を抽出する秒数を数えなきゃならないことを瞬時に忘れてしまうため)、絶対にアラームを使わなきゃならないんだけど、生来のめんどくささがそれをも拒否してしまい、同じ失敗を繰り返すんだ。いやアラーム使えよ。なんで起動するのすら嫌なんだ。

ポップシンガーのおっさんが無職のおれを叱りに来たんだけどいいかいこれから夏が来るそうすると私の若い頃は暑さ対策のために夜明け前に出社したもんだそれできみの家は自営業だろう社員が出社したときに暇を持て余した無職のきみが夜更かししてるのを見てどう思うかねと居丈高に来たので知るかバーカと返事しといてこころの中で暑いところしか同意できねえなと思っていたしそれよりもそろそろ家族が玄関にガラスのリスを置きたがる時期なのが怖いよ恥ずかしいし毛並みが乱れていたらキレてくるからねと続ける夢を見た。ガラスの置物は確かにあるけどリスじゃあないんだよな。会話中心だったのでおっさんの見た目についてはまったく記憶がない。
朝、というか昼ごはん食べてるときにワールドニュースを、しかも4K対応とか言って和やかな映像を見せるために国内ニュース枠を五分延長して、そのせいでただでさえ狭かった枠がさらに五分短くなり、それ以前からもインドやアラビアのニュースを削って来たのについにオーストラリアのニュースまで削ってしまった結果、アメリカとフランスのニュースしか流さなくなって何がワールドニュースじゃボケとなってしまったそのワールドニュースを見ていたんだが、どうもグリーンランドでは温暖化を喜んでいるらしい。そのわけは、グリーンランドでは温暖化により氷が溶けて多くの魚が取れるようになったし、農業的に見ても温暖になった結果生育できる植物が増えていいことが多いらしい。おれは地球環境は移りゆくものだと思っているけど、地球の環境を産業革命近辺まで戻そうとしている人間は、こういうひとたちになんと言うんだろうか? 地球は温暖化していて、我々が迷惑しているのだから、グリーンランドの人間は寒々しい元の生活に戻れ、と言うのだろうか。それは少数派を無視しているのでは? 最近温暖化の議論が盛り上がってきてるけど、こういうところにはあんまり目を向けられてない気がするんだよね。こういう、現代の問題に対して別の視点も提供してくれるフランスのテレビ局はすごいと思ったし、日本もいろんな視点を提供しろや。ところで今日は起きてから少し変な時間が空いたし、それにいよいよヤバいと思っていたので、雑誌を捨てることにした。本当は夏にやるべきだったんだが、暑い中で暑くなる作業をやると身体がめちゃくちゃになる、ということが分かり切っていたのでやらなかった。それで夏も終わった今月の初めごろに計画していたのだが、今日はいいや今日もいいや今日はやることがあるからな、と延期しまくっていたらついに本日になってしまったというわけ。今日は気候もよい、天気も良い、やる気もあるということで気合を入れて本を縛りまくって捨てまくった。爽快感がある!! そのほかのことはなんにもできてないけれど!!
何もやってないがとにかく出かけた、今日は近所へ。ブックオフを散策したが特に欲しいものはなく、リサイクルショップに戦いの場を移す。ここのセールもいよいよ終わるのでコップを重点的に探していたら色もサイズも良さげなコップを見つけたので買おうとしたんだけど、よりにもよって飲み口のあたりが一部欠けていたので買わなかった。あれがなかったら間違いなく買っていたんだけどな、惜しいな。それで帰宅したんだけど頭痛が治っていない。実は起きてからずっと頭痛だったんだが、雑誌を捨てたりしていると身体を動かして決行が良くなっているからか大して痛まない。お出かけもそうだ。しかし帰ってきて、それなりに気温が下がり、静止状態になると頭痛が戻ってくる。今日は読むべき雑誌があるので面倒だなと感じたが、まあそれも頭痛薬を飲めばいいだけの話だ。話題を先取りすると夜までには治ったので薬に頼ることもなかった。そんな中で自作音源をリリースするなどしていた。でアップロードが終わるまでの間、暇だったから全国ニュースを読んでいたら石川県の文字が躍っている。なんだろうと見てみると机を叩いて部下を叱責した県のナンバーフォー? の言動を隠し録りした音源が流出という内容だった。面白い揉め事か、とワクワクしかけたが、まあ弱いよな、泉房穂ルールだと許されちゃうやつだし。ただ県政も市政もあんまり好きじゃないので適当にケンカしてボロボロになってほしいという緩やかな願いはあるな。
夜中には感想こそ書きませんがビッグガンガンを読んだ。なんかある作品のアオリに「(主人公)の前では多勢すら無勢!!」と書いてあったけど、無勢ではないだろって感じだった、多分無様的な意味で捉えてるんだろうな。あとは「今日もトレーニングがんばるぞい!」ってアオリもあったな。なんだ? 老人が書いているのか?そして一年も連載させずに打ち切りという残酷な結末を見た。ツラ過ぎる。ビッグガンガン薄過ぎるのになんで打ち切りバンバン出すのか意味が分からん、こないだ始まった面白ギャグも扱い低いしあれ終わったらマジで購読やめるかもしれん。そんな中お薬のやつが次に来るまんがなんちゃらの一位を取ったようだった、これでまたビッグガンガンの薄さに拍車がかかるな。むしろそれをメインにして昔の厚さを取り戻してほしいもんだが。ただあれも原作付きだからなあ。